Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

人は死に際に「新たな次元の現実」を経験すると先駆的な研究が報告

匿名の読者はマザーボードのレポートを引用しています。 科学者らは、死にゆく患者の脳パターンが、鮮明なビジョン、体外離脱の感覚、人生の振り返り、その他の「現実の次元」など、一般的に報告されている「臨死」体験に関連している可能性があることを確認した。 新しい研究レポート。 この研究結果は、患者の記憶と脳波が臨死体験の普遍的な要素を示していることを示す初めての包括的な証拠を提供するものである。 ニューヨーク大学ランゴン保健大学医学部准教授で集中治療医のサム・パーニア医学博士が主導した複数年にわたる大規模な研究で、研究者らは世界中の25の病院で経験した心肺蘇生法(CPR)を受ける患者567人を観察した。痛み。 心停止、そのほとんどが致命的でした。

数十人の患者から採取された脳波(EEG)信号から、心停止後最大1時間までに意識の高まりのエピソードが発生したことが明らかになった。 残念ながら、研究に参加した患者のほとんどは心肺蘇生法によって蘇生されませんでしたが、53 人の患者が生き返りました。 生存者のうち、11人の患者が心肺蘇生中に意識を感じたと報告し、6人が臨死体験を報告した。 Parniaらは、生から死への移行が脳の脱抑制状態を引き起こす可能性があると示唆している。現実の新たな次元を明確に理解することが容易になるようです 「道徳的および倫理的な観点から見た、他者に対するすべての記憶、思考、意図、行動に対する人々のより深い認識が含まれる」、この発見は、とりわけ心肺蘇生、終末期ケア、マインドフルネスなどの分野の研究に重大な意味をもつ。 Aさんによると 新しい研究が Resuscyclation 誌に発表されました。 […]

「このプロジェクトのユニークな点の 1 つは、科学者たちが、脳または脳の兆候を探すことによって、人々が蘇生している間に、その明晰さと意識の兆候を調べる方法を開発したのはこれが初めてだということです。 「ほとんどの医師は、酸素欠乏状態が約5~10分続くと脳は死んでしまうと考えている」とパルニア教授は述べ、「この研究から明らかになる重要な点の1つは、これは実際には真実ではないということだ」と述べた。 「心停止後の脳は平らになりますが、これは数秒以内に起こりますが、これは脳が永久に損傷を受け、永久的な損傷を受けることを意味するものではありません。」 [has] 彼は死んだ。 ただ冬眠するだけです。 私たちが証明できたことは、実際、脳は 1 時間後であっても反応して再び機能を回復することができ、医師が新たな治療を開始する機会が大きく開かれるということです。 CPR の 35 ~ 60 分後に、意識と一致する正常/生理学的 EEG 活動 (デルタ、シータ、アルファ、ベータ リズム) が出現し、ネットワーク レベルの認知および神経活動が再開した可能性がありました。 「これは、CA/CPR中の意識のバイオマーカーに関する最初の報告です。」

READ  Moderna、BioNTech、およびNovavaxStocksが今日沈没した理由