Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

人的資源省は、Socso の能力を強化するために日本の専門知識と技術を模索しています

人的資源省は、Socso の能力を強化するために日本の専門知識と技術を模索しています

クアラルンプール人的資源省は、日本のサイバーダイン社と経験を交換し、最新のリハビリテーション技術を移転し、エレクトロニクス産業やSociety 5.0の分野で高度なスキルを開発する機会を模索している。

スティーブン・シム・チェ・キョン大臣は、社会保障機構(Socso)を通じたつくば市の先進的現代リハビリテーション技術会社との協力は付加価値をもたらしたと述べ、これまで他国で使用されたことのない8つの新技術がマレーシアに持ち込まれることになると述べた。 。

同氏は、Socsoは人材とロボットのスキル開発を促進するために、サイバーダインおよび筑波大学とも提携を結んだと述べた。

「テクノロジーの中には、神経障害のある子供の歩行を助ける HAL (ハイブリッド補助肢) や音響システムなどがあります。

「同時に、Cyber​​dyne Cyinは、深刻な身体的制限のある個人が生体電気信号を通じて通信し環境を制御できるようにし、LPixelはライフサイエンス画像分析を通じて医療診断と研究を促進します」と同氏は本日Socsoが発表した声明で述べた。

声明によると、これは5月22日から28日までのシム氏の初の日本公式実務訪問の成果の一つであり、社会保障保護の側面を含むマレーシアと日本の二国間関係も強化された。

シム氏は今回の訪問中に、サイバーダイン社の創設者兼最高経営責任者(CEO)であり、筑波大学サイバニクス研究センターの所長でもある山海良之教授とも二国間協議を行ったと述べた。

同省はまた、Socsoを通じて、リハビリテーション機器とHALロボットスーツ50セットを現在の市場価格と比較して約20パーセントのコスト削減でリースする契約をまとめることに成功したと述べた。

「現在の市場価格2,480万リンギットと比較して、2,050万リンギット相当のHALセット50セットが追加され、イポーのメルーにあるロボット神経リハビリテーションおよびサイバーリハビリテーション国立センターに設置されることになります」と同氏は述べた。

ソソによると、2018年11月にソソリハビリテーションセンターで最初の24ユニットから使用を開始し、その後現在の126ユニットに増やしたHALロボット義足は、さまざまな症状、特に神経筋障害に苦しむ2,514人の患者を助けてきたという。 (ストロークとストローク)。 脊髄損傷)。

「この患者数のうち、55.24% または 1,389 人の患者が無事に仕事に復帰し、残りの患者はまだ治療、リハビリ、雇用を受けています。Socso、サイバーダイン、および筑波大学のこの協力は、現在の治療成績の促進剤となることが期待されています」職場復帰(RTW)プログラムです。」

シエムは、今年第3四半期までに建設が開始される予定のマラッカの新しいリハビリテーションセンタービル内にソソの研究開発センターを置くことも、マレーシアにおけるインダストリー5.0の進展を促進すると付け加えた。

READ  画像ストレッチ:固体バイオベースポリエステルフィルム