Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

人道援助と災害救援に関する第2回日本-フィリピン飛行からの空中二国間訓練-フィリピン

6月21日〜24日、航空自衛隊とフィリピン空軍(PAF)は、人道支援と災害救援(HA / DR)に関する第2回二国間演習「同信バヤニハン2-22」を実施した。 クラーク空軍基地、パンパンガ州マバラコット市。

これは、災害復旧と救援活動をさらに強化することを目的とした、2021年の最初の共同演習の続きです。 今年、航空自衛隊は、航空支援集団-1機のC-130H貨物機を乗組員とともに配備し、影響を受けた人々に救援物資を届ける能力の向上に焦点を当てた4日間の二国間演習に参加しました。 深刻な緊急事態。 航空自衛隊と航空自衛隊の両方の航空機を使用して、配備されたユニットは、航空機の積み込み、積み降ろし、空中投下などの地上操作を実行しました。

井筒俊司航空自衛隊最高司令官、フィリピン空軍総司令官アンソニー・D・キャンラス・シニア将軍が合同演習に参加した。 IZUTSU将軍は、任務中に命を落とした制服を着た職員と、2021年7月4日にフィリピンのズールーで起こった悲劇的なC-130墜落事故で亡くなった民間人の魂に、心からお悔やみを申し上げます。予定された超党派の訓練。

さらに、IZUTSU将軍は、日本とフィリピンの間の全体的な安全保障関係に対する共同訓練の影響を強調した。 「航空自衛隊がPAFと二国間演習を行い、HA / DR能力を強化し、PAFとの協力を強化することが重要である。」 一般的なIZUTSUは言います。 「私たちは、2つの空軍間の関係をさらに強化し、カンラス中尉との自由で開かれたインド太平洋(FOIP)を促進します。」 彼が追加した。

C-130H貨物機は、配達と救助活動に不可欠であり、日本のHA/DR支援活動において重要な役割を果たしています。 以前、日本の防衛省と日本の防衛軍は、ハイヤン/ヨランダの影響を受けた地域に医療支援と救援を提供するために、3隻の船と9機の航空機と合計1,180人の要員を備えた7機のC-130H貨物機を送りました。

READ  日本の日経225は、投資家が恒大の株を見ているため、約2%下落しています。