Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

今平周吾がアジアンツアーで優勝し、全英オープンでの地位を確保

日本の今平翔吾は、同胞の葛川悠人の後半の崩壊を利用して、日曜日にAFCオープンゴルフダイヤモンドトロフィーを獲得したため、今年後半にセントアンドリュースで開催された第150回全英オープンで場所を確保しました。

茨城県大洗ゴルフ倶楽部での今平のワンストローク優勝は、パンデミックにより2019年9月以来の日本初のアジアンツアーイベントであり、日本プロゴルフ選手権で3度目の出場を確保するのに十分でした。

この29歳の選手は、2016年にロイヤルトルーンで全英オープンデビューを果たし、2019年に再びロイヤルポートラッシュの出場権を獲得しましたが、どちらの場合もカットに失敗しました。

4つの主要なゴルフトーナメントの1つでの彼の最高の結果は、2020アメリカンマスターズで44位でした。

最終日は、現在のジャパンツアーのファイナンシャルリーダーである葛川川、大西怪人、時松亮子、ニュージーランド人ベン・キャンベルのトップグループの後ろでシングルショットで始まりました。

葛川は3番ホールと7番ホールでバードに続いて最終ラウンドをリードしたが、15日にはダブルボギーで後退した。

17歳のボギーがリードを今平に渡した。今平は3バードとボギーを揺らして最終ラウンドの2アンダーパー68、合計8アンダー272となった。

葛川は回復できず、大西、岩田寛、アマチュアの鈴木浩介と2位タイでフィニッシュした。

前回の日本ツアーで5勝した今平がイベントに参加していましたが、3回戦のリーダーである大西は昨年プロに転向した後、最初のタイトルを探していました。

ディフェンディングチャンピオンの星野陸也がニュージーランド人小堀和馬と3位タイ。

ダイヤモンドカップは、2021年のマスターズマスターズチャンピオンである松山英樹がキャリアのわずか数か月でタイトルを獲得した2013年以来、初めて大洗ゴルフ倶楽部で開催されます。

IPL 2022のすべての最新ニュース、最新ニュース、ライブアップデートをここで読んでください。

READ  巨人はドラゴンを倒すことで勝ち始めます