Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

今日のアジア株式市場: ライブアップデート

今日のアジア株式市場: ライブアップデート

3時間前

世界的な需要低迷により、日本の企業心理は依然として楽観的ではない

9月の日本の企業心理は、大手製造業と非製造業の間で信頼感が低下し、悪化した。

ロイター短観調査によると、製造業景況感指数は8月のプラス12からプラス4に低下した。 14ポイント下落した1月以来の大幅な下落となった。

ポジティブ思考とは、楽観主義者の数が悲観主義者よりも多いことを意味します。

調査によると、9月の非製造業指数も前月比9ポイント低下のプラス23となり、2020年5月以来最大の下落となった。

ロイター通信によると、日本企業は原材料価格の高さと世界・国内需要の低迷に不満を抱いている。 その他の見出しとしては、ウクライナ戦争や米中緊張などが挙げられている。

– イム・ヒジー

4時間前

韓国の失業率が1999年6月以来最低水準に低下

韓国の失業率 7月の2.7%に比べ、8月は最低水準に低下した。

そうだった 小さな音量が録音される 韓国統計庁によると、このデータシリーズは1999年6月に開始された。

季節調整済みの失業率は、7月の2.8%に対し、8月は2.4%となった。

– イム・ヒジー

4時間前

CNBC Pro: アリババなど: CLSA が世界で「最も安価な AI プレー」の 3 つを指名 – 2 つは 50% 以上増加

資本市場と投資グループCLSAのアナリストらは、人工知能の「利益の可能性」から恩恵を受けると予想される世界株3銘柄を選んだ。

「世界のAI市場は2026年までに1兆ドルに達すると推定しており、AIは生産性とイノベーションの次の大きな推進力として1000億ドルを生み出すだろう」とアナリストらはノートで述べた。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– アマラ・バラクリシュナ

4時間前

CNBCプロ:モルガン・スタンレー、半導体市場の一角で有力銘柄と「最も人気のない銘柄」を指名

モルガン・スタンレーによると、今年は半導体市場の一角で「救済の物語」が展開しているという。

同銀行は、この部門の価格と在庫水準はさらに改善していると述べた。

最も人気のある銘柄と最も人気のない銘柄を挙げています。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– ヴァイセン・ドン

10時間前

AppleがiPhone 15を発売した後、株価が下落した

火曜日に同社がクパチーノで開催された「ワンダーラスト」発売イベントでiPhone 15を発表したことを受け、アップル株は1.8%下落した。

人気のスマートフォン iPhone シリーズの最新端末は、4,800 万ピクセルのメイン カメラ、A16 Bionic チップ、4K シネマ モードを備えています。 iPhone 15は75%リサイクルアルミニウムと100%リサイクル銅で作られています。 iPhone 15の価格は、ベースモデルが799ドル、Proが999ドル、Pro Maxが1199ドルからです。

– ブライアン・エヴァンス

4時間前

CNBC Pro: 160億ドルの訴訟支払いで株価が急騰する可能性があるとアナリストは語る

米国の判事が同社に有利な判決を下したことを受け、米国と英国の二重上場株の株価は先週20%上昇した。

ジェフリーズ氏とヌミス氏によると、訴訟による和解金160億ドルに占める割合は上昇すると予想されている。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– ガネーシュ・ラオ

15時間前

10月のWTI原油先物は昨年11月以来の高値

ウェスト・テキサス・インターミディエイト原油先物10月相場は火曜日早朝に1バレル(42ガロン)当たり88.45ドルまで上昇し、2022年11月15日以来の高値となった。

WTIは11月11日以来、1バレル=90ドルを超えて取引を終えていない。

世界の指標である北海ブレント先物11月相場は火曜日に10カ月ぶりの高値を記録し、1バレル=91.50ドルとなった。

Permian Resources、Range Resources、EQT、Denbury、その他のエネルギー関連銘柄は、取引初期にすべて 1% 以上上昇しています。

– スコット・シュニッパー、ジーナ・フランコラ

12時間前

火曜日はエネルギーセクターで最大の値上がり日

12時間前

情報技術はS&P 500を下回るが、一部の半導体株は輝いている

S&P 500 の中で情報テクノロジーが最も出遅れており、このセクターは最後に 1.2% 下落しました。 オラクルはこのセクターの足を引っ張り、12%以上下落した。 アップル株は1.5%下落した。

ただ、エヌビディアやクアルコムなど一部の半導体株はそれぞれ0.4%、1.2%上昇した。 インテル株はチップ企業の買収を受けて1.9%上昇した 言った IMSナノファブリケーション事業の約10%をTSMCに売却する。

– サラ・ミン

READ  新たに発見されたエビを食べるムカデは日本最大です