Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

今日のアジア株式市場: ライブ最新情報

今日のアジア株式市場: ライブ最新情報

大阪・道頓堀のネオン広告

アレクサンダー・スパタリ | 瞬間 | ゲッティイメージズ

投資家が日本と韓国の主要経済指標を重視し、アジア太平洋市場は軒並み下落した。

ロイター短観世論調査によると、8月の韓国の失業率は2%で、1999年6月以来の低水準となった。一方、9月の日本では製造業と非製造業の景況感が低下した。

主要製造業の信頼感は8月の+12から+4に低下した。 9月の非製造業指数は9ポイント低下の+23となった。

日本 ニッキ 225 3日間の連勝の後に下落し、0.21%下落して32,706.52となった一方、TOPIXは0.05%下落して2,378.64で取引を終えた。

韓国 コスビー コスダックは0.07%下落して2534.7で取引を終えたが、コスダックは1.71%下落して882.72となった。 オーストラリア スタンダード&プアーズ/ASX 200 0.74%安の7153.9で取引を終えた。

香港のハンセン指数はそれまでの上昇を反転させ、0.09%下落して18,009.22で取引を終えた。一方、中国株も下落し、CSI300指数は0.64%下落して3,736.65で取引を終えた。

トレーダーらが水曜後半に米国から発表されるインフレ統計に備えたため、一晩の米国市場では主要3指数すべてが下落した。

ナスダック指数は1.04%下落して3日の連敗に終止符を打ち、スタンダード&プアーズ500種指数は0.57%下落した。 一方、ダウ工業株30種平均は0.05%下落した。

— CNBCのサラ・メイン氏とアレックス・ヘリング氏がこのレポートに貢献しました。

READ  ソニーが宇宙レーザー通信事業を開始