Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

今日の日本の株:日本の収益がウイルスの恐れを相殺したため、日経株は高値で取引を終えた

海運会社や他の循環企業からの明るい収益が、経済の脆弱な回復を脅かす急速に広がるバイラルデルタバリアントに関する懸念に対抗したため、月曜日の日本の株式は高値で取引を終えた。

日経平均株価は1.82%高の27,781.02で終了し、金曜日に発生した損失を逆転させ、1月初旬以来の最低値を記録しました。

より広範な東証株価指数は2.05パーセント上昇して1940.05となり、7月14日以来の最高値を記録しました。

商船三井からの好調な収益を受けて、荷主が9.2%増の13年ぶりの高値を記録した。 サブインデックスは、過去2回のセッションで18.2%増加しています。

商船三井の株価は10.6%上昇し、ライバルの川崎汽船の株価は9.1%上昇し、日本郵船の株価は8.5%上昇した。

自動車部品メーカーのデンソーは5.0%急上昇し、好調な収益を報告した後、2回目のセッションで利益を拡大しました。

NECの株価は、電子情報技術省が4月から6月の四半期に驚くべき収益の回復を報告した後、4.0%上昇しました。

ミスミグループ本社は、ファクトリーオートメーションと機械部品を専門とする商社が急成長を遂げた後、8.8%増の過去最高を記録した。

岡三証券のアナリストは、Topix企業の約40%が収益を報告しており、営業利益は前年比で約240%増加したと書いています。 そのうち、211社がポジティブなサプライズを登録したのに対し、76社はネガティブなサプライズを記録したと彼らは語った。

敗者の中で、化粧品会社の4月から6月の結果が市場の予想をはるかに下回った後、Cos株は12.1%下落した。

西日本旅客鉄道は、鉄道会社が期待外れの利益を報告した後、3.9%の損失を出しました。これは、このセクターの流行による被害を浮き彫りにしました。

東日本旅客鉄道と東日本旅客鉄道は、収益を経て、それぞれ1.7%と1.3%下落しました。

デルタ変数の広がりにより、国内のコロナウイルスの症例が前例のないペースで増加しているため、旅行需要の回復はさらに遅れると思われます。

マネックス証券のチーフストラテジスト、ヒロキタカシ氏は、「短期的には、政府が東京の非常事態宣言と非常事態宣言を記録的なレベルにまで拡大するにつれて、COVID-19ウイルスが市場に影響を与えている」と述べた。

READ  日本は10カ国以上で受け入れられるワクチンパスポートを求めています