Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

今日の日本株:デルタ懸念が続く中、日本株のリターンが上昇

東京:火曜日の日本株は、企業収益が引き続き印象的だったため上昇しましたが、急速に拡大しているデルタコロナウイルスの亜種に対する懸念により、上昇は制限されていました。

日経平均株価は7月の最高値28,128.61に達した後、0.24%高の27,888.15で取引を終えた。

より広範なトピックは0.36%増加して1,936.28になりましたが、セッションの最高値は1,950.63でした。

「日経が28,100に達した後、利益を上げるために急いでいるようです」と不動産管理会社の市場参加者は言いました。

「デルタ変動については依然として懸念があるため、突然の反発は抑制されるだろう」と語った。

日本は5番目のコロナウイルスの波と戦い、2日前に過去最高を記録し、月曜日に全国で12,073件の新たな感染を記録しました。

麻生太郎財務相は、政府はまだ追加予算の作成を検討していないと述べ、追加資金への信頼は火曜日に打ち消された。

薄い市況もボラティリティを高めた可能性があります。 月曜日は日本の国民の祝日であり、市場は2日間開いていますが、オープナーフェスティバルは金曜日から次の月曜日まで開催されます。

三井金属鉱業は日経平均で8.75%上昇し、最大の利益を上げた。

四半期決算を受けて、セマルダードバホールディングスは5.43%増、製薬メーカーの大塚ホールディングスは5.39%増となりました。

コングロマリットソフトバンクグループは火曜日に市場が閉鎖された後、収益を0.9%上回りました。

一方、住友金属鉱山は6.61%下落し、投資家を失望させた。

ソニーグループは2.50%減少しましたが、任天堂は3.05%減少し、パフォーマンスが最も悪いトップ30の名前の1つになりました。

READ  「豊富な才能」を見て、安倍首相は日本の首相候補のリストを浮かび上がらせる