Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

今日の株式市場:日本のベンチマークである日経平均株価は39,000円近くの史上最高値を記録

今日の株式市場:日本のベンチマークである日経平均株価は39,000円近くの史上最高値を記録

バンコク — 日本の日経平均株価ベンチマークは木曜日、世界の投資家による大量の買いにより、1989年12月に記録した過去最高値を更新し、史上最高値を記録した。

東京取引所の取引高の大半を占める外国人投資家の強い関心に支えられ、日本株はここ数カ月で急騰している。

記録的な企業収益が日本企業株の魅力を高めている。 昨年末に技術的不況に逆戻りした経済の低迷が長引くにもかかわらず、対米ドルでの日本円の弱さも投資家を惹きつけている。

アジアの他の地域では株価はまちまちだった。

香港のハンセン指数は0.3%安の1万6452.34、上海総合指数は0.1%高の2952.76となった。

オーストラリアのS&P/ASX 200は0.1%下落して7,598.00、ソウルのコスピは0.2%上昇して2,659.21となった。

水曜日のウォール街では、主要テクノロジー株のほぼ予想外の取引が続いた後、株価はほぼ上昇して終了した。

S&P500種は0.1%上昇し4981.80となった。 ベンチマーク指数は市場が閉じる直前に上昇するまで、一日の大半を下落領域で過ごした。

ダウ工業株30種平均も一日の大半で下落した後、若干の上昇を見せた。 0.1%高の3万8612.24となった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は0.3%安の1万5580.87となった。

収入が大きな焦点でした。 市場閉場後、エヌビディアはウォール街の予想を上回る売上高と利益を報告した。 人工知能に対する投資家の関心の高まりにより、このチップメーカーは過去1年で3倍に成長した。

パロアルトネットワークスは大きな敗者であり、特にテクノロジーセクターの比重が大きい。 ネットワークセキュリティ会社である同社は、アナリストの予想を大きく下回る今後の請求額の予測を発表したことを受けて28.4%急落した。 ライバルのフォーティネットは3.8%下落した。

アマゾンはダウ銘柄への採用発表を受けて0.9%上昇した。 ダウから離脱すると、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは2.5%下落した。

債券収入が得られました。 10年米国債利回りは火曜終盤の4.28%から4.33%に上昇した。

先週、ハイテク株は過去最高値までの市場上昇の大半に乗った。 このセクターは堅調な収益成長を示しています。 しかし、この分野の大手企業の一部が貢献できなかったことにより、利益が誇張されているのではないかという疑問が生じている。

決算発表を受けて多くの企業が大きな動きを見せた。 電子計測技術会社キーサイト・テクノロジーズは利益予想がアナリスト予想を下回ったことを受け6.7%下落した。 パーソナルナビゲーション機器を製造するガーミンは利益予想を上回り8.8%上昇した。

ドール・ブラザーズは投資家に心強い財務最新情報を提供したことを受けて3.9%上昇した。 これにより、住宅建築業界全体で支持を得ることができました。

天然ガス価格が12.5%上昇したことで、エネルギー会社は打撃を受けた。 エクソンモービルは2%上昇した。

FRBが1月に公表した最新会合の議事録では、大半の当局者が核心的利益を減らすためにあまりにも急ぎすぎることを懸念していることが明らかになった。 中銀はこの会合で4回連続で金利を据え置いた。 投資家は中銀が3月会合で利下げを行うとの期待を失い、最初の利下げは6月になると予想している。

投資家はインフレに関する新たな重要な発表を来週まで待たなければならないだろう。 その際に政府は、中央銀行が好むインフレ指標である個人消費と支出に関する月次報告を発表する予定だ。

1月の消費者物価と卸売物価の個別の指標では、インフレが予想ほど冷え込んでいないことが示された。 これを受けて投資家は3月から6月にかけての利下げ予想を調整した。 小売売上高の弱い報告がインフレ統計の期待外れに拍車をかけ、頑固なインフレが消費者にさらなる苦痛を与えているとの懸念が高まった。

木曜日のその他の取引では、米国の指標原油は8セント上昇して1バレルあたり77.99ドルとなった。 国際ベンチマークであるブレント原油は6セント上昇し、1バレルあたり83.09ドルとなった。

ドルは150.04円から150.32円で取引された。 ユーロはほぼ変わらずの1.0827ドル。

READ  日本はチップメーカーの輸出を制限し、オカドはロボット倉庫の訴訟で英国高等裁判所に勝訴し、裁判官はインターネットアーカイブのフェアユースの抗弁を却下した