Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

今週末の日本の興行収入トップは『百万ドルの道しるべ』

今週末の日本の興行収入トップは『百万ドルの道しるべ』

名探偵コナンの新作映画、 名探偵コナン 百万ドルの道標は、4月12日から14日までの日本の興行収入で支配的な映画でした。

百万ドルの道しるびこの映画は公開初日の週末に227万4,000人の観客を動員し、オープニング総額は33億5,200万円(約2,170万米ドル)を記録した。 工業通信は、これが今年これまでで最大のオープニングであると報じている(好調なオープニング) ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦 オープニング興行収入は22.3億円)と過去最高のオープニング成績を記録した。 名探偵コナン 商業フランチャイズ。 ここ数年 名探偵コナン 黒鉄の潜水艦、現在最高の興行収入をあげています 名探偵コナン 日本映画では31億4,600万円で公開された。

ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦 週末チャートで4位となり、アニメ映画としては2番目に高い成績を収めた。 この映画の興行収入は95億円を超え、日本で52番目に興行収入の高い映画となった。 隆盛期にそれを上回ったアニメ映画には次のようなものがあります。 宮崎駿さんの 少年とサギ (59)そして 名探偵コナン 紺青の拳(フィスト) (56)。

週末にはランキングもありました 機動戦士ガンダムSEDフリーダム 6位。 の合計 機動戦士ガンダムSEED そして 種子の運命 続編の製作費は約44億円(~2,850万)。


ソース: 工業通信

READ  シアター ゲイツのディフューザーで、日本とアフリカ系アメリカ人のテイストを融合させたポップアップ フード