Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

任天堂は現在日本で最も裕福な企業である

任天堂は現在日本で最も裕福な企業である

任天堂ファンが知っていることが一つあるとすれば、それは、この会社は永遠に滅びる運命にあるということだ。 任天堂で何が起こっても関係ない、向こうの誰かが任天堂の終焉を予言している。 SNES の後期からこのような状況が続いており、この発言は世界中の任天堂ファンにとって忘れられない記憶となっています。 これほど多くの証拠があると、「任天堂は死んだ」という考えは消滅するだろうと思われるかもしれませんが、今日の暴露を受けてもそれが生き続けていることに疑いの余地はありません。

経済とビジネスを専門とする書籍・雑誌の出版社である東洋経済によると、任天堂は現在日本で最も裕福な企業である。 東洋経済によれば、任天堂は110億ドル以上の現金を保有しており、スイッチの長期にわたる成功と映画『スーパーマリオブラザーズ』の興行収入の独占のおかげで、近年大幅に増加したという。

任天堂の軍資金をさらに印象的にしているのは、同社が負債をゼロにしていることだ。 これはエンターテインメント業界全般ではほとんど前例のないことであり、特にスポーツ業界ではさらに珍しいことです。 任天堂は長年にわたって当たり外れもあったかもしれないが、船を浮かべ続けるというビジネス上の洞察力を証明してきた。

READ  日本は「クリーンコール」プロジェクトの「今日のイメージ」に名前を付けるஸ்グローバルボイス