Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

企業の90%は、2022年の日本経済の成長を見てCOVIDからの回復を望んでいます。

共同通信社が木曜日に行った調査によると、主要な日本企業の90%は、コロナウイルスのパンデミックによる影響が収まると期待して、2022年に国の経済が拡大すると予想している。

トヨタ自動車を含む111社の調査。 ソニーグループ株式会社また、企業は、チップのサプライチェーンを視野に入れて、温室効果ガスを削減するための世界的な取り組みにますます参加し、米国と中国の間の競争の中で経済安全保障の確保に努めて​​います。 とエネルギー資源。

調査によると、企業の75%が来年は緩やかな経済成長を期待しており、15%が2022年に世界第3位の経済成長を遂げると予測しています。

5%は、経済状況は変わらないと予想しているが、緩やかな下落や縮小を予想している企業はないと述べた。

複数の回答が認められ、経済拡大を期待している企業の93%は、コロナウイルスワクチン接種の進歩によりそう信じていると述べ、83%は個人消費の回復を示し、72%は経済活動に対するコロナウイルス制限の緩和への期待を抱いていました。

アナリストは、企業による楽観的な見通しにもかかわらず、政府のワクチン接種キャンペーンは依然として遅く、伝染性の高いデルタ変異が全国的に症例の増加を引き起こしているため、流行の継続的な拡大について懸念が残っていると述べています。

調査参加者は、感染状況が期待通りに改善しない場合、個人消費の回復が遅れ、サプライチェーンが混乱する可能性があると述べた。

日本経済の現状については、56%が安定していると回答し、40%が緩やかに拡大していると回答した。

企業の26%は、四半期売上高が2022年にパンデミック前のレベルに戻ると予想しており、16%は、2023年以降に回復すると予想しています。

しかし、世界的な健康危機にもかかわらず、一部の企業は順調に推移しており、16%がパンデミック前のレベルにすでに回復し、5%が売上の減少を見ていないと述べています。

菅義偉首相の政権が気候変動との闘いを後押しし、2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目標に、94%の企業が二酸化炭素排出量を削減するための措置を講じていると述べた。

調査対象の企業は、事業活動中のエネルギーを節約するためのステップを強化し、温室効果ガス排出量を削減するための具体的な目標を設定することが重要であると考えていると述べました。

いくつかの企業はまた、米国と中国が相互に制裁と輸出管理を課す場合、半導体やエネルギーと鉱物資源などのハイテク部品を確実に購入するためにサプライチェーンを保護する必要があると述べています。

日本政府はまた、世界的なチップ危機の中で国の外国メーカーへの依存を減らすために、先進的な半導体の国内開発と生産の促進に焦点を合わせています。

共同通信は、7月上旬から8月上旬にかけて、各セクターの大手企業を対象に調査を実施した。

READ  タイでビジネスを行う| グローバル法務グループ