Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

伊藤忠商事が全固体電池開発会社の米国最大の株式を取得

東京-ジャパントレードハウス伊藤忠商事は、安全性を向上させながら製造コストを削減する可能性のある「セミソリッド」バッテリー技術を専門とする米国企業の筆頭株主になりました。

マサチューセッツ州に本拠を置く企業からの月曜日のプレスリリースによると、伊藤忠商事は、富士フイルムや日本のスパークスグループが管理するファンドを含む他の投資家が参加した24Mテクノロジーズの5680万ドルの資金調達ツアーを主導した。 タイでの新型電池の量産は、2400万のライセンスの下で今年開始される予定です。

この追加投資により、伊藤忠商事は現在、2400万の約30%を所有しています。 この動きは、貿易会社が最近、迫り来る不足のリスクに対する懸念の中で高まる需要に対応するためにバッテリーに焦点を合わせていることを示しています。

典型的なリチウムイオン電池の電極は、支持材料の層を備えた液体電解質を使用しますが、24Mの半固体電極は、電解質と他の材料の粘土のような混合物の厚い層を持っています。

24Mによると、液体電解質が不足しているため、火災のリスクが軽減され、構造が合理化され、必要な材料のリストが少なくなるため、製造コストが25%削減され、一部の生産設備の必要性も削減されます。 半固体電池の容量は標準のリチウムイオンモデルとほぼ同じで、将来的には2倍にすることを目指しています。

特にアジアとヨーロッパの電子部品メーカーとエネルギー会社は、生産施設の建設に重点を置いて24M技術のライセンスを取得しています。 伊藤忠商事は、資材調達、生産設備、マーケティングを支援する予定です。

基礎となる技術はすでに確立されているため、これらの電池は、トヨタ自動車などの企業が開発した全固体電池よりも早く普及することが見込まれます。

国営のタイのグループPTTの一部であるGlobalPower Synergyは、今年すでにバッテリーを市場に出すことを望んで、すでに生産施設で働いています。 ノルウェーのバッテリー部品メーカーFreyrは、2023年に「ギガファクトリー」の量産を開始する予定です。計画では、その年に最大8ギガワット時の24M半固体バッテリーの世界生産を予定しており、14万台の電気自動車に電力を供給できます。

この技術は、工場や太陽光発電所などの施設でのエネルギー貯蔵の需要が暫定的に見込まれ、電気自動車は容量と充電時間を改善した後に登場します。

READ  菅と備伝の首脳会談の前に、日本はテンセントと楽天の関係について米国に通知します