Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

伝染性の高いデルタウイルス変異体の違いは何ですか?



デルタコロナウイルス株は、日本の国立感染症研究所から提供されたこの電子顕微鏡画像に示されています。

東京-コロナウイルス感染の数は増加しており、重症例は日本で記録的なレベルに達しています。 増加の主な容疑者は、ウイルスのデルタ型であり、これは現在、国内のCOVID-19症例の90%以上を占めると推定されています。 デルタは明らかに以前の品種よりも伝染性が高く、深刻な症状を引き起こす可能性が高くなります。 元のウイルスと比較したこの株の違いは正確には何ですか?

「これは、私たちが知っている最も伝染性の高いウイルスの1つです」と、米国疾病予防管理センター(CDC)のディレクターであるRochelle Wallinskyは、CNNとのインタビューでデルタバリアントについて述べています。 ワシントンポストが報告した内部CDC文書によると、デルタバリアントのベースライン再生産数は、各感染者が感染すると予想される平均人数であり、5〜9.5人と推定されています。 また、重症急性呼吸器症候群(SARS)や季節性インフルエンザよりも伝染性が高いと考えられています。 Walenskyは、デルタバリアントは水痘と同じくらい伝染性があると言いました。

日本では、8月13日に初めて新しいコロナウイルスの1日あたりの感染数が2万件を超えました。 毎日の新規感染が1万人を超えた7月29日から1ヶ月足らずで2倍になり、症例数は増加を続けました。 従来のCOVID-19株に世界規模で急速に取って代わったデルタ変異が、全国的な症例の急増の背後にある要因である可能性が非常に高いです。

なぜデルタバリアントはそれほど伝染性があるのですか? 何人かの専門家は、感染時にヒト細胞の受容体に結合するウイルスの表面の「粘着性タンパク質」の変化であるL452R突然変異に注目しています。 スパイクタンパク質の変異は、細胞に結合する能力を高めたようです。

L452R変異では、スパイクタンパク質のアミノ酸452がロイシンからアルギニンに置き換えられます。 神戸大学の田中茂典教授は、量子生命科学を専門とし、政府が支援する理化学研究所が開発した日本の富岳スーパーコンピューターを使用してタンパク質を分析します。 彼は、この突然変異は「非常に危険な突然変異であり、ウイルスの伝染性を高める」と指摘した。

デルタ変異体による感染も、重篤な症状を発症するリスクを高めている可能性があります。 日本では、以前は危険なCOVID-19ウイルスに耐性があった年齢層である40代から50代の患者の入院が著しく増加しています。

日本の厚生労働省はまた、発熱や咳などの症状がアルファ変異体よりもデルタ感染後に現れる可能性が高いことを示す結果を発表しました。 体内のウイルス粒子の量の増加が深刻な症状に関連している可能性もあります。

同じデルタバリアントも頻繁にシフトし、一連の新しい亜種を作成します。 これらの中には、ワクチン接種によって獲得された抗体を明らかに回避し、ウイルスの拡散を引き起こす可能性のある突然変異があります。 専門家は突然変異を注意深く見守っています。

デルタバリアントは、全ウイルスゲノム配列決定によって調べられたDNA配列の違いに基づいて、より小さなグループに分類されます。 サブ系統とは、より変異したデルタバリアントから派生した系統を指します。

亜種および変異株は、それらがどのように広がるかを考慮して、世界保健機関(WHO)によって「関心のある変数」(VOI)または「関心のある変数」(VOC)として分類でき、アルファやデルタなどのギリシャ文字が割り当てられます。 。

東京医科歯科大学の竹内博明准教授は、「もしそれがウイルスの好ましい突然変異であるならば、それは体内でより効率的に複製するだろう」とコメントした。 デルタ変異体には細胞への結合を容易にする変異も含まれているため、竹内氏は「ウイルスの全体的な強度が高まると考えられており、感染性も高まっていることは否定できない。 「」

もう1つの重要な要素は、感染が多い場合、突然変異の機会も増えるため、新しい亜種の出現が促進されることです。 より多くの人々がワクチン接種によって免疫を獲得するにつれて、その免疫を回避するウイルスの種類も広がる可能性があります。 現在のワクチンはデルタ変異体を打ち消すようには設計されておらず、注射とデルタの防御力の回帰は今のところ明らかではありません。

東京大学の集団遺伝学教授である大橋淳は、次のように述べています。縁石感染の失敗米国とヨーロッパで普及しているCOVID-19ワクチンの3回目の「ブースター用量」の投与に移行している間、大橋氏は「異なる株を標的とするワクチンを入手するのは良い考えですが、タイムリーな供給が勝った場合うまくいかない、私たちは既存のワクチンを使用するしかない。

新しい突然変異によってもたらされるリスクを減らすために私たちは何をすべきですか?

そこで、東海大学医学部ゲノミクス講師の中川は、「デルタ変異体が広範囲に広がっている今、この変異体が生み出す変異に注意を払うことが不可欠です。目を離さないことが不可欠です。特徴的な突然変異が広がっているかどうかについて。ワクチン接種が進んだ国を含む特定の地域で。」

さらに、ラムダコロナウイルス変異体は7月に日本で最初に検出され、新しい非デルタ変異株が出現する可能性が高いです。 「できるだけ早く新しい変異株を見つけ、ウイルスゲノム解析をできるだけ多く行うなど、感染予防システムの構築などの対策が必要だ」と中川氏は語った。

(岩崎あゆむ、渡辺亮科学環境ニュース課)

READ  セントヘレンズ山の噴火を記念して| 土地