Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

低炭素技術のハイライトで開かれた日本の主要なエレクトロニクスフェア

300社を超える企業が参加する日本の主要な年次電子機器見本市が火曜日に開かれ、カーボンニュートラルを達成するために設計された最先端の技術に焦点が当てられました。

昨年同様、主催者はコロナウイルス対策として先端技術の合同展示会をオンラインで開催することを決定しました。 金曜日までのイベントは、「ニューノーマルで社会5.0に向けて」をテーマに、事前登録で一般公開されています。

再生可能エネルギー貯蔵および炭素リサイクル技術用の二次電池は、日本およびその他の国が今後数十年で正味のゼロ炭素排出目標を達成するのに役立つ可能性のある製品の1つです。

人工知能やロボット工学などの革新的な技術を社会に統合するためのSociety5.0の概念は、日本の産業や政府によって推進されてきました。

CEATECのエグゼクティブプロデューサーである千鹿野清氏は、エレクトロニクスショーが開かれた月曜日に、「新しい市場を創造する展示会として、価値観や人々の行動が急速に変化する社会に貢献するソリューションを提案したいと考えています」と述べました。メディア。

目を引く製品の中には、東芝があります。 シリコンベースの太陽電池とは異なり、湾曲した屋根や窓に取り付けることができる、軽量で柔軟性のあるフィルムのような太陽電池。

二酸化炭素をジェット燃料にリサイクルできる技術を披露している東芝氏によると、9月には、新しいバッテリーが大量生産されたポリシリコンソーラーパネルと比較してエネルギー変換効率を達成し、都市部での再生可能エネルギーの使用を増やすのに役立つ可能性があります。 。

日本ガイシ株式会社 EnerCeraシリーズミニ充電式バッテリー。 そのうちの1つは、サイズが459平方ミリメートル、厚さが0.45ミリメートルです。

日本特殊陶業の広報担当者は、このようなバッテリーを、振動や温度差などの周囲環境からエネルギーを収集するパワーハーベスターと一緒に使用することで、より多くのデバイスをIoTテクノロジーに接続し、グリーンエネルギーで実行できると述べました。

京セラは、海洋環境に関するデータを収集できるブイを展示しており、地球温暖化の中での汚染や気温上昇の研究に役立てています。

潮流を動力源とするブイは、長崎大学が共同開発したものです。

コンデンサメーカーのニチコンは、電気自動車やプラグインハイブリッド車に蓄えられたエネルギーを家庭に送りながら、これらのタイプの自動車に地元で生成された太陽エネルギーを供給することができるいくつかの製品を提供しています。

「このシステムを搭載した車両は、化石燃料を使用せずに運転でき、二酸化炭素を排出しません」とニチコンのスポークスマン、山下文雄氏は述べています。 「このシステムは、自然災害が発生した場合の電力不足に備える方法としても注目を集めています。」

展示会以外にも、自動車セクターのカーボンニュートラルに関する議論を含むいくつかのオンライン会議が4日間に予定されています。

主催者は当初、今年のCEATECを実質的に東京近郊の千葉県で開催されるコンベンションセンターで開催することを計画していた。 しかし、コロナウイルスの症例が復活する中、6月にフォーマットが変更されました。

主催者の一つである電子情報技術産業協会によると、海外からの85社を含む314の企業や機関がこのイベントへの参加を申請しており、約15万人の訪問者がオンラインで見込まれている。

昨年は356社が参加し、15万人以上が参加しました。

三菱ふそうトラックバス株式会社 CEATECに初めて参加した128社のうちの1社です。 日本に拠点を置くダイムラーAGのドイツ子会社は、2017年に発売された世界初の電動小型トラックであるeCanterトラックを展示しています。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  現代と万里の長城のEVが東南アジアにおける日本の優位性に挑戦