Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

体操界のスター、内村選手が第4回オリンピックへ

アイリーン レイズ著

東京(ロイター) – 3度の金メダリストである内村航平は、日曜日に代表チームの座をタイポイントリードで決めた後、4大会連続のオリンピックに向かいます。

長年このスポーツを支配していた32歳のおしむらは「キング・コヘイ」と呼ばれていたが、今回はボロボロになった体を休めるために鉄棒だけで戦うことを選んだ。彼はかつて統治した。

合計 7 人のオリンピック メダリストであり、2016 年リオ夏季オリンピックでは、44 年ぶりに男子体操選手として 44 年ぶりにオリンピックの総合タイトルを連続して獲得しました。 日本代表も金メダルに導いた。

しかし、ここ数年は怪我に悩まされ、体調を崩すのに苦労している。 最終的に、彼はオリンピックのスポットを奪うために鉄棒だけに集中することを決定したが、その選択は困難であり、彼の一部はまだ別のマシンで競争したいと考えていたことを認めた.

タイブレークポイントを獲得した後、内村はきしみながら、自分の気持ちは複雑だと言いました。

「自分のパフォーマンスは本当に受け入れがたいものでした。プレーが終わったとき、オリンピックには行かないと思っていました。しかし、オリンピックに行くと言われたときは、幸せになることよりも考えていました。それは本当に良いことなのか?」 」 試合後の記者会見でこう語った。

「今日のパフォーマンスを見て、本当に『キング』と呼ばれるに値するとは思えません。オリンピックの前にトレーニングをする必要があります。」

「老人として、新世代を超えてパフォーマンスするのは難しかった」と彼は、10 年近く年下のチームメイトに言及しながら語った。 「私はチーム全体の取り組みに参加できないかもしれませんが、私の経験から貢献できることはまだあります。」

(Elaine Lies によるレポート、Michael Berry による編集)

READ  クリスチャンエリクセンは病院からデンマークの彼の同僚に挨拶を送ります| クリスチャンエリクセン