Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

価格の上昇を期待している日本の家計のシェアは14年ぶりの高値に達する-日本銀行の調査

中央銀行の調査によると、日本の家計のインフレ期待は6月までの3か月で強まり、価格は来年にかけて14年ぶりの高値に達すると予想されています。

日本銀行(BOJ)の四半期調査によると、6月の物価上昇を期待している家計の割合は87.1%で、2008年6月以来の最高水準である3月の84.3%から上昇した。

5年間で値上げを期待している世帯の割合は、3月の82.1%に対し、6月は79.8%でした。 調査によると、5年後の予想価格はわずか3.5%でした。

この結果は、日本銀行による個別の四半期調査で、企業のインフレ期待が驚くほど上昇したことを示した後に得られました。

日本を持続的にデフレから脱却させる取り組みの一環として、日本銀行は2013年以来、インフレを目標の2%まで押し上げるために大規模な金融刺激策を実施してきました。

日本銀行は、10年近く目標を達成できなかった後、最終的に消費者インフレ率が2%を超えましたが、それは間違った理由でした。ウクライナ危機のせいで燃料と原材料のコストが上昇したためです。

黒田東彦日銀総裁は、一時的なものとなる可能性が高いため、このコストプッシュインフレに対応して金融刺激策を撤回しないと述べた。

READ  インフレとオミクロンは2022年に世界の成長を圧迫するだろうとIMFは述べています| 景気回復