Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

侵略的なカブトムシは日本の桜と桃の木を殺します

東京>>日本中の桜と桃の木は、侵入種のカブトムシの手で枯れています。最悪の場合、専門家は、今後数十年は桜が見られないと警告しています。

クビアカツヤ神桐村(赤い首のカミキリムシ)の被害の最初の報告は、2012年に市で行われました。 現在、11の州が影響を受けており、公園や学校では桜が枯れ、果樹園では桃の木が枯れています。

中国とモンゴル原産のカブトムシは、2018年に侵入種に指定されました。 木材の梱包材で日本に来たのかもしれません。

昆馬県立林にある立林高校の事務局長は、「何度取り除いても戻ってくる」と語った。

かつて、校門の前には29本の桜がありました。 学生や住民に人気がありました。

2015年7月、カブトムシの手で木が枯れ始めました。 学校は農薬の幹と木の幹をセーフティネットで覆おうとしました。 しかし、カブトムシの群れが戻ってきました。 8月までに、スタッフがバグの手と戦ったため、350人が死亡しました。

しかしそれ以来、7本の木が伐採され、さらに6本が枯れました。 残りの16本はひどく開花し、幹から突然大きな枝が落ちる可能性があるため、学校は放棄されました。 来年の終わりまでに、すべての木はなくなります。

カブトムシの過度の繁殖力と動きは特に脅威です。 日本のカミキリムシは最大100個の卵を産みますが、赤い首のカミキリムシは500個以上の卵を産むことができ、風に乗って1マイル以上移動することができます。

天敵の不足は人口を増やし、桃や桜を好むという事実が問題を悪化させています。 これまでのところ、エラーを排除するための決定的な方法はありません。

タデバヤシでは、政府は殺されたカブトムシに対して約50セントを住民に支払います。 昨年、民間人は6,249匹のカブトムシを殺しました。 まだ被害を受けている木の数が増えました。

「今行動しなければ、20年から30年は桜を見ることができません」と野生生物昆虫学者の岩田ルテロは語った。 「連邦政府は、被害を受けた樹木を強制的に伐採、粉砕、燃やすシステムを確立する必要があります。」

READ  日本のアートアイランド:藤本町、西澤竜、妹島和世の作品