Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

保健省の過ちにより、毎日300人の日本人が検疫規則に違反しているとの報告がありました。



厚生労働省を収容する中央合同庁舎は、東京の千代田区にあります。 (毎日/竹内君)

東京発-日本到着時に14日間の検疫規則に違反した「1日300人」の報告は、主に保健省が関係者とのコミュニケーション手段を確認しなかったことが原因で発見されました。

疫学的自己隔離規則に実際に違反した日本に到着する旅行者の推定数ははるかに少なく、1日あたり最大100人であり、厚生労働省は、規則に違反したと思われる人は場合によっては故障。

日本政府は、東京とその周辺の神奈川県、千葉県、シタマ県で非常事態宣言が発令された今年3月に国境でのウイルス対策を強化することを決定した。 新しい規定では、すべての帰国市民と再入国は、自己隔離の期間中にスマートフォンに位置追跡プログラムをインストールする必要があります。 彼らの健康状態と場所をチェックするために、毎日のビデオ通話システムも手配されます。

そのため、日本への海外からの到着者はすべて、自宅または居住施設に14日間滞在し、スマートフォンに位置追跡アプリとビデオ通話アプリをインストールする必要があります。 職員との契約に署名した後、彼らは毎日彼らの所在と状態を報告することを要求されます。

保健省によると、駐在員との通信に使用されるアプリケーションは、SkypeとWhatsAppです。 措置の対象となる個人はどちらかを選択することができ、彼らは省の外国到着健康管理センター(HCO)との電話に協力する必要があります。

現在、到着後の検疫期間のある時点で、1日あたり平均22,000人がいます。 5月中旬、保健省は「1日300人までが、自分の居場所を報告しない、自己隔離エリアを離れるなどの指示に協力しない」と発表した。

規則に従わないことは実際には契約違反であるため、同省は協力していない人々の名前を公表する可能性があると警告している。 外国人の場合、同省は、居住の取り消しや国外追放などの措置を講じることができると述べた。

しかし、HCOが特定のアプリケーション以外のアプリケーションを使用して検疫中の人々に連絡しようとして、連絡できないという確認されたケースがいくつかあります。 その結果、センターは、名前が「非準拠」として開示されるという警告を誤って発行していました。

現在蔓延しているコロナウイルスの新しい亜種に対応するため、政府は5月10日から、警備会社と契約して、インドを含む3か国からの人々の自己隔離サイトに従業員を訪問させることで国境対策を強化しました-深刻な発生を伴う。 しかし、当局が帰還者に連絡できず、必要に応じて自宅で彼らを見つけることができなかった後、警備員が自己隔離サイトを検査する例がありました。 また、保健省は、ビデオチャットアプリがユーザーを自動的にログアウトできることを認識していなかったため、接続に失敗していました。

その結果、同省は5月中旬に、ビデオチャットのチェックインを新しい統合サービスであるMySOSに変換しました。 対策強化に加えて変更により、ルール違反者は1日100人に減少したとのこと。 「これまで、海外でサーバーを使用しており、個人データの保護に関して変更を加えました」と保健省の関係者は述べています。

使用するアプリケーションを変更することで、同省は自己隔離規則に違反する実際の人数に近づいたようです。 先に引用した300人のルール違反者の数字を取り巻く問題は国会で毎日提起されており、保健省は正式に数字を修正する必要があるでしょう。

また、HCOから到着者に送られた健康診断書の一部が届いていないとの申し立てもあり、同省は調査を行っている。

(矢沢秀典による日本語オリジナル、ライフスタイル&メディカルニュースセクション)

READ  ニュースナビゲーター:なぜCOVID-19ワクチンブースト用量が必要なのですか?