Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

保健省は日本とトルコと協力し、3億ドルをかけてサマルカンドに医療センターを設立している

保健省は日本とトルコと協力し、3億ドルをかけてサマルカンドに医療センターを設立している

保健省で日本とトルコの代表団との会談が行われた。

写真: 保健省

会合にはアシルベク・ホジャロフ保健大臣代理、日本の双日株式会社の藤本正義CEO、国際協力銀行の前田正頭取、トルコのルネッサンス・インターナショナルのゼネラルマネジャーのカン・ケマル・エケルメン氏が出席した。

によると 保健省報道機関によると、この会談は、F・ケネディ副大臣率いる代表団の訪問中に達した合意の論理的な継続である。 トシュブラトフ氏は今年6月17日から21日まで日本を訪れた。

対話の中で、医療機関への最新設備の整備、デジタル技術の導入、幹部の研修の分野で、日本とトルコとの間で多くのプロジェクトが実施されていることが指摘された。

これらの国のいくつかの医科大学との連携が確立されており、共同教育プログラムを通じて将来の医療専門家が共同で訓練されています。

さらに、これらの国の一流企業との投資、官民パートナーシップ、助成金プロジェクトの取り組みも続けられています。

来賓らは、我が国が外国投資家や医療分野の民間部門の代表者に幅広い機会を提供していると指摘した。

「医療分野で生み出された健全な競争環境のおかげで、国民に提供される医療サービスの質と量は増加しており、具体的には、我が国の私立病院の数は過去8年間で2.7倍に増加し、8,800に達しました。 、年間平均500人から600人増加している」と同省は述べた。

会談では、保健省、日本企業双日、トルコ・ルネサンス社の間で覚書が締結された。

この文書によると、サマルカンド地域の住民の医療サービスを改善するために3億ドルのプロジェクトが実施される。 このプロジェクトでは、官民連携に基づいてサマルカンドに800床の多専門医療センターを設立する。 このクリニックの建設は2025年に開始される予定です。

両者はプロジェクトの一環として、この診療所の医療スタッフを対象とした共同研修を実施することにも合意した。

READ  最初の民間宇宙飛行士チームは、軌道プラットフォームに乗って宇宙ステーションを歓迎しました