Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

保険会社は、COVID-19治療に関連するすべての費用を免除しなくなります

プライベートマジョリティ 健康 保険 企業は治療に関連する患者料金の免除を停止しました COVID-19(新型コロナウイルス感染症 ほとんどの人がパンデミックの初期から行ってきたように、新しい研究が発見しました。

によると 分析 Kaiser Family Foundation(KFF)によると、以前に費用分担または治療費を完全に免除した米国の保険会社の72%はそうすることをやめ、さらに10%は10月末までにそれらの免除を廃止する予定です。

パンデミックの初期に実施された以前の研究では、KFFは、完全に保険をかけられたCOVID-19患者の88%が保険会社にすべての入院費用を放棄させることができた可能性があることを発見しました。 グループは、多くの人々が選択的なチェックと手続きを保留にしているため、保険会社は封鎖と不確実性の期間中に高い利益を享受したと述べた。

COVID患者の挿管を行っている間の病院のCOVID医療従事者 (iStock)

COVID-19ワクチンの接種はあなたの生命保険契約に影響を与えますか?

しかし、ワクチンが米国でより広く利用可能になり、アメリカ人が医者に戻り始めたので、保険会社は徐々に免除をロールバックし始めました。

入院中の誰かをCOVID-19で治療する費用は、数万ドルに達する可能性があります。 もっと。 ミシガンのブルークロスブルーシールドは言った WXYZ TV パンデミックが始まって以来、同社は7億5000万ドルを支払い、メンバーの約25万人が治療のためにポケットから何かを支払いました。

「費用はかかりません」とBCBSMの上級副社長兼医療ディレクターのジェームズ・グラント博士はアウトレットに語った。 「人工呼吸器を使用している場合、1か月、2か月、3か月かかる可能性があり、費用がかかります。7桁のケアもあります。すべての費用を免除しました。」

FOX BUSINESSの詳細を読むには、ここをクリックしてください

BCBSMは、10月1日からCOVID-19治療費を免除しなくなりますが、これは患者の生存と費用を低く抑えるための重要な予防策と見なされているため、メンバーは引き続きワクチン接種を無料で受けることができます。 NS 勉強 CDCが発表したところによると、ワクチン未接種のコロナウイルス患者は、打ち抜き感染症のワクチン接種を受けた個人よりも29倍入院する可能性が高いことがわかりました。

「病院にいる​​人の95、96、97パーセントはワクチン接種を受けていない人です」とグラントは続けました。 「それで、もし私たちが本当にワクチン未接種に到達し、ワクチンの重要性と安全性を彼らに理解させることができれば、それが私たちがそれを打ち負かす方法です。」

一方、すべての保険会社がコロナウイルス治療の補償を撤回しているわけではありません。

「COVID-19治療に関しては、2021年の計画年度において、ヒューマナはヒューマナメディケアアドバンテージ医療計画のすべてのメンバーのCOVID-19治療の個人的な費用を負担します」とヒューマナの広報担当マークマティスはFOXビジネスに説明しました。 19治療は、ヒューマナ2021メディケアアドバンテージプランの一部であるメリットです。 これは「費用の免除」ではありません。 「」

「他の事業分野にも違いがある」とマティスは続けた。

READ  COVID-19の波は、病院が重病の患者でいっぱいになるにつれて、ジョージア州では日ごとに悪化しています。