Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

俳優の矢野浩司さん、日本と中国の関係構築に熱心

俳優の矢野浩司さん、日本と中国の関係構築に熱心

読売新聞
読売新聞のインタビューで、矢野浩二が自身のキャリアについて語る。

最近、俳優の矢野浩司は、中国で最も人気のある日本人とよく言われます。 彼が映画やテレビで成功するまでに 20 年以上かかりましたが、その道のりは、両国間の関係を改善するための努力と決意の土台の上に築かれました。

大阪府生まれ。2000年に中国の恋愛ドラマで日本人留学生を演じた矢野さんは未知の才能だった。スタッフ。

翌年、彼は中国で演技する日本人俳優のパイオニアになれると信じて、中国で俳優のキャリアに身を投じることを決心しました。

しかし、矢野は常に反日感情を表明する日本兵を演じるように頼まれていました. 部外者は、それがタフな日本兵を描いているという事実から、それを軽蔑的な言葉とさえ呼んだ.

日本ではずっと、欲求不満の矢野が中国に迎合していると批判されています。

そこで、矢野は新たなアプローチを採用することにした。

矢野さん(53)は「悪役でも日本人の良さを伝えられないかと思った」と振り返る。 彼は監督を説得して、台本に日本の自然な仕草やセリフをいくつか入れました。 その結果、視聴者は矢野への愛情を深め、コントやゲームを含むさまざまなテレビ番組を定期的に主催し続けました.

何人かの中国の代表者は、矢野氏が日本と中国の「仲介者」になるべきだと提案しており、矢野氏はこれが自分の使命だと強く感じている。

中国にいるとき、矢野は日本についての彼の観察について中国語で話します。 彼は中国での経験を日本語で説明し、日本の聴衆に彼の考えを伝えます。

ソーシャル メディアのフォロワー数は 2,000 万人を超え、東京と北京の相互理解に貢献した矢野氏は、2015 年に外務大臣表彰を受賞しました。

矢野氏は昨年、二国間交流に関するエッセイ・コンペティションで、中国での思い出に残る瞬間を綴ったエッセイで賞を受賞した。

矢野氏は、1992 年から 2000 年まで元俳優の森田健作元千葉県知事の個人秘書を務めていました。 しかし矢野は「どうなる、どうなる」と正直に語る。

矢野外相は「引き続きできることをやっていきたい」と述べ、双方に良い点を伝えることで、両国関係が改善し続けることを心から願っていると述べた。

READ  フランス国際アニメーション映画祭で日本映画が受賞