Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

個人消費の低迷と自動車問題により日本経済は縮小仕事

日本政府は木曜日、消費と輸出が減少し、今年第1四半期の日本経済が年率2%で縮小したと発表した。

世界第4位の経済大国で失業率は約2.6%と比較的低い水準にとどまっているが、賃金の伸びは鈍く、対米ドルでの円安の影響もあって物価は上昇している。

内閣府によると、国の製品やサービスの価値を示す季節調整済みの一次国内総生産(GDP)は、四半期ベースで1─3月期に0.5%減少した。

年率は、四半期レートが 1 年間続いた場合に何が起こったかを測定します。

最近、日本円は30年ぶりの安値水準で取引されており、米ドルは155円付近で取引されている。 これは観光業には役立ったが、特にエネルギー需要のほぼすべてを輸入している国にとっては購買力に打撃を与えた。

最新の結果は総じてアナリストの予想よりも悪かった。 日本の経済活動の半分は個人消費が占めているため、個人消費の低迷は大きな問題となっています。

自動車メーカーの子会社であるトヨタ自動車の問題も成長率の低下を引き起こしたが、現在では生産は増加に転じている。 今年初め、日本政府は安全性試験結果の偽装を理由にダイハツ工業に対し、全製品の生産停止を命じた。

INGのアナリスト、ロバート・カーネル氏は、安全スキャンダルによる自動車の生産と販売の混乱が全体の成長の足を引っ張っているが、それは今年後半に回復する可能性が高いことを意味していると指摘した。

同氏は、「毎月の活動データはすでに、3月以来徐々に正常に戻っていることを示している」と述べた。

最新のデータは日銀に対し、いつ追加利上げを行うかという課題を提示しており、利上げは遅かれ早かれおそらく7月に実施されると予想されている。

景気が低迷する中、政策当局者はより慎重に政策を進める可能性が高い。 日銀は今年初め、2007年以来初めて金利を引き上げたが、その幅はマイナス0.1%からゼロ─0.1%にとどまった。

AP

READ  Enfinity Global、岸田秀一氏を日本代表取締役社長に任命