Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

借金には慎重なルト氏は、プロジェクトの官民取引を通じて日本に求愛している

借金には慎重なルト氏は、プロジェクトの官民取引を通じて日本に求愛している

ルーク・アナミ

アンソニー キティモ脚本の作品

ケニアはインフラ整備への野心を支援するために日本に目を向けており、東京が外部の貸し手に対する債務負担を軽減する方法として官民パートナーシップを活用する道が開かれている。

今週、ウィリアム・ルト大統領が日本を公式訪問したが、州議会はこれを国賓訪問と不正確に表現し、官民パートナーシップが議論の中心になると強調した。

一部の政府は、プロジェクトへの資金提供に投資家を招待し、政府に引き渡す前に施設の利用者に料金を請求することで資金を回収することで債務を回避するために PPP を採用しています。 そのような官民パートナーシップの 1 つが、中国人によって建設されたナイロビ高速道路です。 通常、このモデルは、施設の使用需要が高い場合にうまく機能します。

一連の会談の後、ルト大統領は、政権が相互利益のために資金提供の取り決めを撤回したと述べた。

読んでいます: ケニアと日本企業、グリーンエネルギーと自動車組立取引で6億2000万ドル相当

ルト博士は東京での共同記者会見で、「首相と私は、政府間および官民パートナーシップなどの枠組みを通じた国家開発資金の調達方法について話し合った」と述べた。

広告

その結果、両国政府の間で官民パートナーシップの枠組みが署名されました。 同氏はさらに、「したがって、私たちは、ケニアと日本の間の経済協力プログラムやプロジェクトにおいて主導的な役割を果たす民間セクターを促進するための意図的な措置を講じることに同意した。」と付け加えた。

大統領は、ICT分野での協力とパンデミック管理におけるケニア医学研究所の可能性を活用する能力の強化に関する3つの覚書への署名に立ち会った。 両国は防衛協力に関する意向書にも署名した。

訪問後、ケニア政府当局者らは3500億ケニア・シリング(21億9000万ドル)相当の金融取引を締結したと発表した。 そのほとんどは、グリーンエネルギー、製造、輸送、道路、農業に関するものでした。

恩恵を受ける最大のプロジェクトは、ドンゴ・クンドゥ・インフラ・エコシステムと16億3000万ドルのモンバサ・ゲートウェイ・ブリッジだ。 これら 2 つのプロジェクトはすでに実施中でした。

読んでいます: ケニアは中古車の94%を日本から購入している

ケニアはまた、重機やロボット資産の購入のために国際協力銀行から300億ケニア・シリング(1億8,800万ドル)を受け取った。

「主要な協力分野には、道路、交通、健康、エネルギー、ICT、教育、農業が含まれる」とルト氏は述べた。

ケニアのインフラの最も重要な部分はモビリティです。 ナイロビは標準軌の鉄道路線をウガンダ国境まで延長するための資金提供者を探していたが、この種の資金調達を目指すこの旅は成功しなかった。

ルト大統領と岸田文雄首相はまた、ケニアがエネルギーとインフラプロジェクトに資金を提供するために日本で400億ケニアシリング(2億5千万ドル)相当のサムライ債を発行することに同意した。 サムライ債とは、外国企業が東京で発行する円建て債券です。 ただし、債券には日本の規制が適用されます。

この協定には、デイビス・チャーチャー閣僚(エネルギー・石油担当)、キプチュンバ・ムルコメン閣僚(道路・運輸担当)、レベッカ宮野閣僚(投資・貿易産業担当)、豊田通商の樫谷一郎社長兼最高経営責任者(CEO)が署名した。

ケニア当局は、日本の資金によるプロジェクトを二重課税から解放するために二重課税の撤廃を目指すと表明した。 これは、ルト大統領が昨年5月にナイロビを歴訪した際、岸田首相と交わした約束だ。

当時、ルト大統領は、100億ケニア・シリング(6,300万ドル)相当の日本の政府開発援助プロジェクトは、より迅速な実施を可能にするために一定の譲歩が必要であると述べた。

読んでいます: ケニアの自動車ディーラーのEA売上高は39%増加

「私たちは、関連機関の適正な手続きの中で、この問題の迅速な解決を求めています」とルト博士は当時の来賓に語った。

「この援助の影響は国中で顕著であり、何百万ものケニア人の生活に多大な恩恵をもたらしています。

ケニアでは日本人に対する税制上の優遇措置はまったく新しいものではない。 ルト大統領の前任者であるウフル・ケニヤッタ氏は、2021年に日本に同様の刺激を与え、国庫が日本企業と当時3,280億ケニア・シリング(20億ドル)相当の15プロジェクトから得た労働者の利益に対する所得税を免除した。

昨年3月、最高裁判所は、財務省にはそのような権限がないとして、この動きは違法であると宣言した。

しかし、最高裁判所はそのような動きに対して門戸を開いたままにし、デニス・マガリー判事は、そのような免除または免除は立法を通じて議会によって許可され、国民の参加を経て憲法に明記された財政法案として可決された後にのみ認められると述べた。

ケニアは日本のアフリカにおける政府開発援助の最大の受取国であるが、東京もナイロビ最大の債権者の一つであり、約14億5,000万ドルの借金を抱えている。 日本は、保健、灌漑、道路、モンバサ経済開発区に対して融資、補助金、その他の形態の融資を提供してきました。 彼らは最近、6,800万ドルのモンバサ港地区道路開発プロジェクトの第2段階を完了しました。

しかし、リコニ運河に建設が予定されているモンバサ・ゲートウェイ・ブリッジ以上に地元住民に利益をもたらすプロジェクトはない。 運輸省が共有したスケジュールによると、このプロジェクトは完了までに最大36か月かかる可能性があり、モンバサ本土の南部地域とモンバサ島を結びます。 これにより、混雑が緩和され、フェリーによく関係する安全上の問題が解決されます。

読んでいます: 東アフリカ海岸高速道路での厳戒態勢の計画

「モンバサはケニアの主要港であり、市内の交通の流れを改善することは国の経済全体の活性化につながるため、新しい橋は重要です。新しい橋の建設により、古い橋と同様に環境上の利点も得られます」水の流れを制限する」と速報で述べた。

ケニアがこのプロジェクトに最大470億ケニア・シリング(2億9,000万ドル)の開発融資を提供する協定を国際協力機構(JICA)と結んだ2020年以来、当局には賠償請求が殺到している。

橋全体の費用は850億シリング以上かかる可能性があり、JICAはこのプロジェクトに900億円(6億200万ドル)程度を融資し、ケニアがケニア国道庁を通じて残りを支払う予定である。

プロジェクトのマスタープランでは、橋は島側に全長1.4キロの橋、全長1.3キロの主橋、そしてモンバサ経済特別区につながる全長0.65キロのリコニ橋で構成される予定となっている。

これは、ドンゴ・クンドゥ回廊第2期完成に続き、JICAがサヘル地域で取り組む2番目の大規模インフラプロジェクトとなる。 このバイパスはジャンクションから 4 キロメートル延長し、マワシ川を渡ってツォンザ半島を通過し、ムティザ川を経由して東に曲がる全長 8.96 キロメートルの区間です。

先月、駐ケニア日本大使の荻原博氏は、モンバサ・ゲートウェイ・ブリッジの建設に関する代表団を率いて、ジョセフ・ムブグア道路首席長官と会談し、プロジェクトへの資金調達を最終決定した。

チームは、ケニアのJICAショパン・マクウェレ首席代表とともに、プロジェクトの開始を成功させるためのすべての初期準備の進捗状況について話し合いました。 会議からのメッセージでは、建設は直ちに開始されるとのことだった。

完成すれば、この橋はサハラ以南アフリカ最大の吊り橋となるため、ランドマークとなり観光名所となるだろう。

たとえこれらの国が融資を含む経済政策を異なる形で追求する傾向があるとしても、この橋が完成すれば、日本は中国と並んでケニアのインフラプロジェクトへの主要な二国間資金提供国の一員に確固たる地位を築くことができるだろう。

READ  熱帯性暴風雨メリが大雨と風で日本を襲う