Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

借金中毒で世界経済は一撃で大惨事になる

借金中毒で世界経済は一撃で大惨事になる

それどころか、人口高齢化は公共支出への圧力を増大させる恐れがあるだけです。 一方で、地政学的不安定の増大により、冷戦後の平和の獲得は逆転しました。

日本に関して言えば、特に非常に高水準の国内貯蓄と典型的に好調な経常黒字など、相殺要因が働いている。

歴史的に、日本の税負担も他の主要な高所得国に比べて低かったが、近年明らかに税負担が増加している。 いずれにせよ、日本は国民に税金を課しているのではなく、国民から借りているという感覚がある。

そして、世界経済の残りのほとんどの地域では、私たちはより多くの税金を課し、同じくらいより多くの借金をしています。 これはどれくらい続くでしょうか?

国際通貨基金の最近の「財政モニター」報告書の特に憂慮すべきグラフは、政策が変わらなければ米国の連邦債務が今後30年間でGDPの約160%にまで増加することを示している。

中国にとってはさらに悪いことで、債務はGDPの250%にまで増加すると予想されている。 こうした傾向を逆転させたいという政治的意図はないようだ。

11月の米大統領選挙で候補者を団結させる要因があるとすれば、それは高水準の国債支出を完全に無視していることだ。

同様に、中国も金融の忘却を狙っているようだ。 習近平国家主席の永続的成長の必要性は、いかなる財政規律の概念よりも優先される。

いずれにせよ、完全雇用に近い状態で、これほど巨額の財政赤字をサイクルの頂点に置くのは、極めて無謀である。

ほとんどのヨーロッパ諸国とは異なり、アメリカは昨年、なんとか景気後退を回避しました。 主な説明はもう明らかです。 他の国と同様に、パンデミック中にレバレッジを活用した支出は劇的に増加しましたが、他の国とは異なり、米国ではそれ以降も高止まりしています。

国際通貨基金の推計によると、米国は昨年8.8%の財政赤字を出した。 国際通貨基金の予測によれば、今年は6.5%に若干低下するが、来年は再び上昇して7.1%となり、他の先進国の平均の3倍以上となる。 米国経済が危機に陥っているのも不思議ではない。

READ  差し迫ったロシアのデフォルトは、1998年よりも深刻な経済危機につながる