Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

元ストライカーは、日本のサッカーのトップは女子の試合を無視していると言う

元ストライカーは、日本のサッカーのトップは女子の試合を無視していると言う

オーストラリアとニュージーランドで開催される女子ワールドカップの決勝戦の5か月前に、米国で開催された最近のトーナメントでの日本の試合は、帰国したファンがライブで見ることができませんでした.

朝日新聞は、日本サッカー協会が米国、ブラジル、カナダとの試合の放送局を見つけることができなかったと報じた。

2011年に女子ワールドカップで優勝した日本代表の一員である永里は、JFAの努力は「十分ではない」と述べ、連盟が女子サッカーを促進することに失敗したと非難した.

「今回シェビリーブス・カップが放送されないのは、連盟が日本の女子サッカーを維持または改善するために12年間何もしなかったという事実によるものだと信じています」と彼女はウェブサイトに英語で書いた.

「ワールドカップで優勝したにも関わらず、日本で試合が行われることはなく、試合のプロモーションが不足していることがわかりました。」

日本は 2011 年のワールドカップで初めて米国を破って優勝し、2012 年のオリンピックと 2015 年のワールドカップで準優勝しました。

その後、彼らの運命は衰え、全米女子サッカーリーグのシカゴ・レッドスターズでプレーする長里は、彼らの「支援の欠如」について日本サッカー協会を非難した.

日本代表として132試合に出場し、58ゴールを記録した35歳の選手は、「誤解してほしくない。時間の問題だけではない」とコメントした。

「多くのものが不足しています。それは彼らが私たちのためにしてくれたことの結果です。」

2012年、スーパースターの澤ほまれは、男子チームがビジネスクラスで飛んでいる間に、日本オリンピック女子チームをエコノミークラスで予約したことで日本サッカー協会を批判しました.

READ  メキシコは、サプライチェーンから中国を除外することで恩恵を受ける可能性があります