Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

元副大臣は、円が対ドルで130円を超えると、日本銀行は「懸念」されるだろうと述べた。

日本の元国際関係副大臣である榊原一樹氏によると、円安が1ドルあたり130円を超えると、日本銀行は「懸念」するだろう。

水曜日の朝、アジアでは円が1ドル123.77円で取引されていた。

日本の通貨は3月にドルに対して5%以上下落しましたが、円は伝統的に安全な避難所の通貨と見なされてきました。 しかし、ロシアとウクライナの戦争などの地政学的混乱が世界市場の混乱を招き、円は大きな打撃を受けました。

円安は、日本銀行が他の中央銀行よりも金融引き締めを遅らせることが予想される中で起こります。

米連邦準備制度理事会などの世界的な同業者が金利を引き上げ始め、インフレを抑えるためにより積極的な措置を講じることが期待されている一方で、日銀はその大規模な刺激を続けました。

1990年代に複数の通貨介入を主導した際に以前「円氏」と呼ばれていた榊原氏は、現在の対ドル相場は問題ないと述べた。 彼は、ドル円は約4、5年前に120から125の間で取引されたと述べた。

2021年9月27日、日本の国旗が東京の日本銀行本部の外に飛び出しました。数年前、日本銀行は、とらえどころのないインフレ目標を達成するために、超簡単な金融政策を採用しました。

花井徹| ブルームバーグ| ゲッティイメージズ

現社長の榊原氏は、「この円安は、ドル高の反映であり、市場は、円安が続く可能性が高く、ドル円高が130円まで上昇すると予想している」と述べた。インディアナ経済研究所で。 経済学。

「数が130に達すると-そして130を超えると-それはいくつかの問題につながる可能性がある」と彼は火曜日にCNBCのAsiaSquawkBooksに語った。 彼は、ドル円相場が130を超えると、日本銀行は「警戒する」だろうと付け加えた。

日本のインフレ目標

黒田東彦日銀総裁は火曜日、最近の日本通貨の動きは「かなり急速」であると述べたが、円安が日本経済全体に役立っていることを強調した。 ロイターは報告した

黒田氏のリーダーシップの下、日本銀行は、これまでとらえどころのないインフレ目標を達成するために、長年にわたって超簡単な金融政策を採用してきました。

スタンダードチャータード銀行の債券、通貨、コモディティ戦略の責任者であるマンプリート・ギルは、次のように述べています。

最近の円安はドル高によるものであり、FRBによるいくつかの利上げがすでに考慮されているため、現在の状況はすでに日銀がインフレをもたらすのに役立っていると彼は述べた。 。

一方、ナットウエスト・マーケッツのガルビン・シア氏は、日本銀行は現在「困難な状況」にあると述べた。

新興市場のアナリスト、シア氏は、「ここ数週間見てきたように、市場は本当にこの考えに飛びついた。円は下がるはずだ」と述べた。

「私の個人的な見解は、日銀はペースにもっと関心を持っているということです [the yen’s] 減価償却…そしてレベルとは対照的に金融市場の周りで発生する可能性のある種類の変動。」

CNBCプロからの株式ピックと投資動向:

READ  サイコアンソニーパスカルが醤油をこぼす:超地元の食べ物を食べ、コロナウイルスに対処し、ビジネスで10年を祝う