Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

元当局者は、日本銀行は黒田のリーダーシップの下で正常化の段階に達したと述べた

元中央銀行高官によると、日本銀行は黒田東彦総裁の下で政策を正常化するためにできる限りのことを行い、現在、大きな変更なしに残りの任期を終了する予定です。

早川英男氏は、3月の中央銀行の景気刺激策に対する一連の調整に言及し、「日本銀行は現在、正常化ラインの終わりに達している」と述べた。 資産の購入を減らすために有効にしました。

写真家:アキオくん/ブルームバーグ

元最高経営責任者(CEO)はインタビューで、「現在の指導部が、これまでずっと政治に誤りがあると突然発表しない限り、できる限りのことをした」と述べ、パンデミックは、経済を助ける上での財政政策の重要性を強調している。金銭的アプローチ。

早川氏のコメントによると、日本銀行は少なくとも2023年4月に黒田を離れるまで政策を保留する。 また、中央銀行の調整は刺激策の再要求を促進することを目的としているという一部のエコノミストの見解にも同意します。

日本銀行は経済見通しを調整しているのが見られた、BAT:調査

READ  BMWとフォードは全固体電池のスタートアップに1億3000万ドルの投資を主導