Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

兄弟、3と5は、グランパークで見つかった有毒な果物を食べた後に死ぬ-世界のニュース

ジョフラン・チャヤ(5歳)と妹のアミラ・チャヤ(3歳)はリンゴを食べていると思っていましたが、赤い実は有毒で「ポラ・デ・トロ」と呼ばれる木からのものでした。

シャヤ王女とジョブランシャヤは果物を食べて数日後に亡くなりました

祖母の庭で見つかった有毒な果物を食べた後、弟と妹が亡くなりました。

ジョフラン・チャヤさん(5歳)と妹のアミラ・チャヤさん(3歳)は、リンゴを食べていると思って最初は元気でしたが、約1時間後には嘔吐とけいれんを起こし始めました。

地元メディアは、地元で「ポラデトロ」または「フエボデトロ」(Thevetia ahuai)として知られている高さ10フィートに達する可能性のある木から赤い果実を食べたと報告しました。

先週の日曜日、コロンビアのモンテキトス村で悲劇的な事故が発生し、若者たちは 病院。



thevetiaahouaiの有毒な果実
((

写真:

ニュース速報)




地元の報道機関ElPelonによると、2人は死ぬまで2日間そこにとどまった。

苦しんでいる父親は言った:男の子は6つの果物を食べ、女の子は4つを食べた。

「私たちは彼らを治療できるように病院に連れて行きましたが、私たちはベネズエラ出身であり、彼らが持っていた保険はそれほど重要ではありませんでした。

「少女の状態は悪化し、彼らがしたことは彼女に血清を与えることだったので、彼女は集中治療室に送られ、そこで亡くなりました。」







子供の両親は、息子がククタの設備の整った病院に移送されるように、コロンビアのオンブズマンのオフィスに助けを求めることにしました。

転勤を許可したにもかかわらず、少年は途中で心停止を起こし、死亡した。

子どもたちは、2010年から社会的、経済的、政治的危機に直面しているベネズエラから両親と一緒にコロンビアに到着しました。

彼らは悲劇が起こった祖母の家に滞在していた。

隣人のイエス・エリアス・ヴァネガスはノティシアスRCNに次のように語っています。



子供の祖母の家で悲劇が起こった
((

写真:

ニュース速報)




「その時は何も起こらなかったが、数時間後に彼らは嘔吐を始め、中毒のすべての症状を示した。」

事件後、村の警察長官であるイエス・エミリオ・サンチェスは、村のすべての人に「ポーラ・デ・トロ」を所有して、有毒な常緑低木を取り除くように命じました。

この地域では観賞植物が一般的であると言われています。

悲しみに暮れる両親は、両親が帰宅する前に子供たちが埋葬される予定だった近くのオカナの町でカウンセリングを受けていると言われています。


続きを読む





続きを読む




READ  ロシアの軍用機は、主要な軍事演習で黒海にミサイルを発射し、爆弾を投下します