Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

光熱費節約のため、都民にハイカラーの着用を呼びかけ | 日本

東京都知事は、今年の冬はタートルネックを着て体温を保ち、エネルギー消費を抑えるよう呼びかけた.

小池百合子さんは、タートルネックを着ることで光熱費を削減できると語った.

「ネックウォーマーには保温効果があります。私自身はタートルネックを着て、体温を保つスカーフも着用しています。これは節電になります」と小池百合子は金曜日に記者団に語った。

「これは、厳しいエネルギーの冬の気候を一緒に克服するためのツールの 1 つです。」 フランスのエマニュエル・マクロン大統領もそうだったと彼女は言った 「タートルネックを着て率先してください。」

日本では、暑い夏のエネルギーを節約するために、オフィスでカジュアルな服装を奨励する「クール」キャンペーンが毎年実施されてきました。

冬バージョンには、適切に「Warm Works」というラベルが付けられています。

2050年までにカーボンニュートラルを目指す日本は、2月にロシアがウクライナに侵攻して以来、多くの国と同様にエネルギー供給の圧力に直面している。

日本の岸田文夫首相は 8 月に A を呼びかけた。 国の原子力の復活のためのロビー活動 輸入エネルギーのコスト上昇に対処するため。

しかし、そのような動きはありそうです 物議をかもす 大津波によって引き起こされた 2011 年の福島原発事故の後、安全上の懸念から多くの原子炉が停止しました。

11 年後、日本の 33 基の原子炉のうち 10 基が運転を再開しましたが、そのすべてが 1 年中稼働しているわけではなく、国は依然として化石燃料の輸入に大きく依存しています。

READ  共和党が米国下院でマスク要件に違反共和党員