Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

全仏オープン撤退後、日本テニス、スポンサーが大阪を支援する選手に加わる

東京/PARIS – 大坂なおみは火曜日に母国である日本、スポンサー、スポーツ界の人々、テニスファンからの支援を受けた。 . .

スポーツ界のビッグネームの1つである大坂は、日曜日の1回戦の後にメディアとの対決を拒否したことで罰金と追放を脅かされた後、月曜日にグランドスラム大会を欠場したとき、テニス界を驚かせた.

4つのグランドスラム大会は火曜日に声明を発表し、大阪の経験を共有し、選手のために物事を改善すると約束したことを称賛した.

大坂なおみが法廷外で時間を過ごしているため、可能な限り支援と支援を行いたい」と声明で述べた.

「彼女は並外れたアスリートであり、体調が整ったと判断したらすぐに彼女が戻ってくることを楽しみにしています。」

4度のグランドスラム・チャンピオンである彼は先週、正気を守るためにメディアとしての職務を辞退する意向を示しており、月曜日にTwitterに戻って引退を発表した.

彼女の最初の姿勢は、23 歳の日本人が他の専門家からほとんど支持されなかったが、ほとんどの人がメディアへの対応は仕事の一部であると述べたが、彼女の撤退は世界中からの支持の波を引き起こした.

日本テニス協会の土橋利佐代表は11日、「大阪さんの健康を第一に考え、一日も早い回復を祈っている」と述べた。

日本の加藤勝信官房長官は記者会見で、彼女を「静かに見守る」と述べ、東京の街では、今年のオリンピックの顔の1人になる女性を巡って懸念があった.

ローラン ギャロスでは、ファンは同情的でした。

火曜日の全仏オープンの3日目に出席したマガリ・ロメロは、ロイターTVの取材に対し、「精神状態にある人が、テニスコートが持つすべてのプレッシャーを感じることは、とても敬意を表し、非常に印象的だと思う」と語った. .

「人前で話すことのように、彼らはこれ以上プレッシャーを感じる必要はありません。人々はその決定を尊重し、支持するべきだと思います。」

スポーツビジネスの Web サイト Sportico によると、大阪は過去 12 か月間で 5,520 万ドルを稼いでおり、このスポーツの記録は主に日米の大手企業とのスポンサー契約によるものです。

日本のスポンサーである日清食品は大阪の一日も早い回復を祈ったが、世界最大のスポーツシューズメーカーであるナイキは、大阪のメンタルヘルスの経験を共有する勇気を称賛した.

大坂なおみの決定は、個人の健康と幸福を優先することがいかに重要であるかを私たち全員に思い起こさせます」と大阪の企業スポンサーの1つであるマスターカードは声明で述べた.

日本の日産自動車も、ブランド大使との連帯を示している。

LVMH傘下のスイス時計ブランドのタグ・ホイヤーも、困難な時期にアンバサダーを支援したと語った。

信じられないほど勇敢

女子テニスのパイオニアであるマルチナ・ナブラチロワとビリー・ジーン・キングも大阪を支援している.

「大坂なおみがうつ病と闘っている真実を明らかにすることは非常に勇敢です」とキングはソーシャルメディアに書いた. 「今のところ、重要なことは、彼女に必要なスペースと時間を与えることです。私たちは彼女が無事であることを願っています。」

ウィリアムズの姉妹であるセレナとビーナス、そして若いアメリカ人選手のココ・ガウフとスローン・スティーブンスは、大阪の責任から彼女の幸福に焦点が移ったため、サポートのメッセージを追加しました.

他のスポーツの選手からも応援のメッセージが寄せられています。

NBAオールスターのステフィン・カリーのスティーブ・カリーはツイッターで、「このような決断をするべきではない.

「40人のジャーナリストがいて、カメラが目の前にあり、神経がすり減るような状況で、彼女をサポートできる」と、4度のオリンピックチャンピオンの長距離走者モー・ファラーはスカイニュースに語った. .

大坂選手は、「ルールはやや時代遅れだ」と述べ、選手、報道陣、ファンのために問題を改善するために、テニス関係者と協力したいという希望を表明した.

元英国のトップシードであるローラ・ロブソンはBBCに、大坂がローラン・ギャロスと将来のメジャーからの追放を脅かしている4つのグランドスラム大会は、それをエスカレートさせるべきではないと語った.

ローラン ギャロス トーナメントでも、この問題への対応についていくつかの批判が寄せられました。

フランステニス連盟のギル・モレトン会長は、月曜日に準備された声明を読み、大坂の支持を表明したが、その後の質問には答えなかった。

元オーストラリアのテニス関係者であるリチャード・イングス氏は、「したがって、FAは大阪のメンタルヘルスに関する懸念に同情も繊細さも持たずに対処した。FIFA会長は圧力をかけられても質問に答えるのを拒否した。

6度のチャンピオンであるボリス・ベッカーは、大阪のメンタルヘルスの問題のためにキャリアが危険にさらされているのではないかと心配していた.

(竹中キヨシ、イアン・ランサム、シュリヴァッサ・スリダール、フランク・ビング、マーティン・ヘルマン、レア・グエッジ、シルケ・クルトロヴィッツ、スデプト・ガングリによる追加報告; ピーター・ラザフォード、クリスチャン・ラデンジ、トビー・デイビスによる編集)

READ  マンチェスターシティとパリサンジェルマンの試合の結果:リヤドマフレズはチャンピオンズリーグ決勝で彼の場所を予約するために2つのゴールを決めました