Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

全仏オープン: 大坂なおみがローラン ギャロス キャンペーンで成功を収めました。 アンゲリク・ケルバーが敗北 | テニスニュース

世界ランキング2位の大坂なおみは、全仏オープンでメディアから離れることを決めた後、センターステージに立った後、初戦に勝利した。 彼女は 2 回目のプロ ミーティングでパトリシア マリア ティーグを破り、2015 年以来初めて 2 回戦に進出しました。

最終更新: 05/21/30 4:04 PM

大坂なおみ選手が初勝利で全仏オープン2回戦進出

大坂なおみは、ローラン ギャロスで全仏オープン キャンペーンに自信を持ってスタートしましたが、準々決勝に 2 度出場したアンゲリク ケルバーは、初日、最初のハードルに陥りました。

4度のグランドスラム優勝者である彼は、メンタルヘルスを理由に記者会見をボイコットする決定を下したことで、トーナメントの前に意見が分かれたが、その議論は、太陽が降り注ぐフィリップ・チャトリエでの彼女のパフォーマンスには影響しなかった.

彼女はクレー上で完全に快適ではなかったと認めたが、昨年の全仏オープンではハムストリングの負傷で欠場したが、今年の準備は理想からはほど遠いものであり、マドリードとローマでの初期の敗北の後、クレー上でベルトを張ったのはわずか 3 試合だった。

しかし、3連覇を狙う23歳の日本人スターは、ルーマニアのパトリシア・マリア・ティーグを6-4 7-6 (7-4) で快勝し、本物のドラマを避けた.

メディアの軽蔑にも関わらず、大坂はコート内への入場を許可された数百人のファンとの短い、ややぎこちないコート上のインタビューを共有した.

昨年大会を欠場した大坂選手は、「優勝できてとてもうれしいです。 「とても素晴らしいスタジアムです。ここでプレーしたのは 2 試合だけです。1 試合は水面前で、もう 1 試合は現在です。それを維持したいと思います」

大坂選手はクレーの上での動きについて、「制作中の作品だと思います。そして、プレイすればするほど、より良いものになることを願っています」と語った。

そして大坂は別のロマンと対峙する アンナ・ボグダン2回戦ではイタリアのエリザベッタ・コッチャレートを6-1 6-3で破った。

アンゲリク・ケルバーは日曜日のローラン・ギャロスで残念な結果を残した (写真: Frank Moulter/picture-alliance/dpa/AP Images)

アンゲリク・ケルバーは日曜日のローラン・ギャロスで残念な結果を残した (写真: Frank Moulter/picture-alliance/dpa/AP Images)

アンゲリク・ケルバーのトーナメントでの貧弱な記録は、ウクライナ予選でノックアウトされたときも続いた アンヘリナ・カリニナ.

26位のドイツ人は、6-2と6-4で敗れ、パリダートでの3回連続の1回戦での敗北を喫した。

「ここ数週間はいいプレーができ、いい試合ができたので、今から試合から学ぼうとします」と彼女は語った。

「ここ数週間、クレーでできる限りの準備をしてきましたが、はい、すべて問題ありません。今はグラスコートシーズンに向けたウィンブルドンを楽しみにしています。次の4つのグランドスラムが芝生の上で開催されることを嬉しく思います.

昨年は1,000人のファンが敷地内に入場できましたが、今年の全仏オープンは、COVID-19の制限がフランスで緩和されているため、6月9日の時点で1日あたり13,146人にゲートが開く前に、1日あたり5,388人もの観客を受け入れます.

今年の全仏オープンで初めてナイトセッションが行われ、今日のビッグゲームは現地時間の午後9時(グリニッジ標準時午後8時)から月曜日から始まり、セリーナ・ウィリアムズがルーマニアのイリーナ・カメリア・プジョーと対戦する.

Twitter アカウント skysports.com/tennis でフォローすることを忘れないでください。 ツイートの埋め込み & Sky Sports – どこにいても! 現在 – でダウンロード可能 iPhoneとiPad そしてその アンドロイド

READ  爆発バットセンサーは、水野の配給契約を通じて日本を襲った