Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

全国に広がる書店の共有により、地域の活性化に貢献

福岡発-オーナーごとに異なる棚売り場が全国に広がり、本好きの方は自分の店を出して、おすすめや読み終えた本を販売することができます。

このようなお店は、オーナー同士のコミュニケーションを深め、地元の商店街の暮らしに貢献しています。 記者は、国内の正規書店の数が減少していることから注目を集めているこれらの店の魅力を探りました。

福岡県糸島市に2021年9月にオープンした「糸島の曹香みえるほんやちゃん」は、JR六泉・メイバー駅近くの商店街にあります。 店内の壁一面を覆う大きな木製の本棚は、入るとすぐに目立ち、100枚のフレームはそれぞれ30センチ四方に分割され、「オーナー」が自分の売り場として棚を借りています。

オーナーは大学生から70歳以上のシニアまで、それぞれが自分のおすすめの本やその他のアイテムを棚に置いています。

元物流責任者で経営コンサルタントのマッキー・ナカムラさん(57)と大企業の元従業員であるリオタ・オトさん(39)が書店をオープンし、現在は改装された古い家やその他の事業に学生寮を収容している。 イドシマで。 どちらも東京出身です。





1月 2022年29日、山口市のビジネス支援施設にある本屋らドビルの棚で、左の本などを語る。オーナー兼マネージャーの藤田あゆかさん。 (ミニチ/トニー由美子)

長村がイドシマに引っ越すことを決心したとき、彼女は地元の人々と交流できる場所を望んでいました。 その時、彼は東京郊外の武蔵野市吉祥寺地区にある書店、ブックマンションに行きました。 イドシマの商店街で空き家を見つけたとき、すでに引っ越してきたオドに相談した。 2人は後に資金を調達し、クラウドファンディングを通じて将来の所有者を探して店を開くことができました。

オーナーになるには、月額1,500円から2,000円(約12ドルから16ドル)の会費と初期登録料を支払い、月に一度お店の世話をする必要があります。 本の販売手数料は50円(約40セント)で、本の価格は個別に設定できます。

「オーナーは勤務時間外に来店し、イベントを企画したり、自主的に人と交流したりしています」と中村氏。 現在、オーナーになるための順番待ちリストがあります。

一方、西日本山口県のコンドミニアムギニア大学の経済学教授であるイドハルキさん(53)は、2021年10月53日、セントラルビジネスストリートのビジネス支援施設内に書店、ホニアロードをオープンした。 山口市。 彼は、空っぽの店でいっぱいのエリアに「自由に」人々のための場所を作るというアイデアを思いつきました。

「ほんやらど」は8平方メートルの棚が約30枚あり、店の世話をする棚の所有者は月額2,000円から3,000円(約16ドルから24ドル)の棚を払っています。 登録料。 オーナーの職業は詩人や大学教授からカートドライバーまでさまざまで、スカンジナビアの文化、哲学、料理など、各棚に並べられた本に彼らの個性が見られます。





2021年12月28日、福岡市蘇区で改装されたエリアにオープンしたカフェ&バー「Book-RKyokova」が発見されました。 (ミニチ/トニー由美子)

中学・高校3年生の藤田綾香さん(18)は、小説を中心に司書を目指している。 「店主として、交換イベントで顧客と話をしたり、他の棚の所有者から話を聞いたりできるのが魅力です」と彼は言いました。

同様の書店が西南日本の食品会社にも登場しています。 Book-R Kyokovaは、福岡市蘇区のKyokova Salon CafeandPark内に2021年12月にオープンしました。 本棚には24のセクションがあります。

キョウコバサロンのマネージャーであるハセコワ忍さん(41)は、「大人が子供たちと楽しく交流できる場所としての私の店のコンセプトにぴったりだ」と語った。

2020年5月現在、全国の書店数は約11,000店舗であり、書店調査会社のアルメディアとプンガニュース社は過去20年間でほぼ半減している。

2019年に吉祥寺に書店をオープンした中西子さん(43)によると、全国で共有書店が40店近くに増えたそうです。 地元の書店が次々と閉店するのを待ち望んでいた長西氏は、「商売の道かもしれないと思い、共同書店を始めたが、このような書店は人と人をつなぐ場所になり、最近呼ばれている。コミュニティ書店。」

(九州通信社トニー由美子による日本語原作)

READ  日本の緊急事態のためにオリンピックはキャンセルされますか?