Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

全国的に気温が上昇し、静岡でも40℃を超えました

全国的に気温が上昇し、静岡でも40℃を超えました

日曜日、静岡市は今年最高気温となる40度を記録し、東北から九州までの広い範囲で35度以上の気温が記録された。

午後1時過ぎに記録された静岡市の気温40度は、1940年の記録開始以来、同市の最高気温となった。

群馬県西巻市で39.8度、山梨県大月市で39.2度を記録するなど、複数の都市で38度以上の最高気温を記録した。

東京、群馬、静岡、福井、兵庫、和歌山、広島、愛媛、福岡、鹿児島の26都府県に高温注意報が発令された。

NHKの報道によると、東京では日曜午後3時の時点で86人が熱中症で病院に搬送された。

金曜日、気象庁の自動気象データ取得システムによると、2024年には最大162か所で猛暑が記録された。 日本気象協会によると、日曜にはこの基準を超える見込みで、全国200カ所以上で猛暑が予想されるという。

キャスリーン・ペノーザ

消防庁によると、6月24日から30日までに熱中症で病院に搬送された人は全国で2276人で、65歳以上が59.4%と半数以上を占めた。

気象庁によると、この夏は全国の平均気温が上昇し、昨年の夏の暑さと同じレベルに達すると予想されており、8月は特に暑くなることが予想されている。

「猛暑日」と呼ばれる猛暑日は、気温が35度を超える日として同庁によって定義されている。 このような温暖化は、主に化石燃料の燃焼によって引き起こされる気候変動により頻度が増加しています。

READ  東京空港で墜落後、日本航空の旅客機が火災:ライブアップデート