Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

公民権運動のアイコン、オパール・リーが来日し、ジューンティーンス – NBC 5 ダラス-フォートワースでのストーリーを共有します。

公民権運動のアイコン、オパール・リーが来日し、ジューンティーンス – NBC 5 ダラス-フォートワースでのストーリーを共有します。

ジューンティーンスの祖母、オパール・リーは日本への旅行で海外旅行中です。

97歳のリーさんは海外で10日間を過ごし、自身の人生の物語、自由のメッセージ、そしてジューンティーンスの物語を共有する予定だ。

「私たちはそんなことは一度もなかった [freedom]。 日本人のことは知りません。 しかし、私たちの言動がそこにいる人々の心に響き、自由の意味を表現することを願っています」とリーさんは火曜日の朝、NBC 5に語った。

リーは、ガルベストンの黒人奴隷、そして最終的には州全体が自由であることを知った奴隷解放宣言の2年後、1865年に復興の日と認定されて以来祝われる非公式のテキサス州の祝日であるジューンティーンス・ウェイクニングにインスピレーションを与えた公民権運動の象徴である。

1980 年に Juneteenth を州の祝日に定めた後、リーはその後 40 年間、この祝日を全国的に認知させるために努力しました。 2021年、バイデンはこの日を全米11番目の連邦祝日とする法律に署名した。

いくつかの団体がリー氏の日本訪問を企画した。 リー氏は訪問中、米海軍基地に立ち寄り、ジューンティーンス・ウォークを含むいくつかの祝賀行事に参加する予定だ。

今月初め、リー氏は民間人として最高の栄誉である大統領自由勲章を受賞した19人のうちの1人だった。

READ  H3Cデジタルツアー2021は日本での最終ストップで終了します