Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

公衆衛生学の教授、東京五輪を開催するのは「ばかげている」と語る

公衆衛生の教授とニュージーランド政府の顧問は火曜日に、流行の発生中に東京オリンピックを開催する正当な理由はなく、前進することは「不合理」であり、人々の損失につながると述べた。生活。

疫学を専門とし、保健省の COVID-19 技術諮問グループに取り組んでいるオタゴ大学の教授である Michael Baker は、オリンピックはキャンセルされるべきだとロイターに語った。

「今日、オリンピックを開催するのはばかげていると思う」と彼は言った。
「つまり、オリンピックの2つの主要な特徴について考えると、それらには大量の海外旅行と大規模な集まりが含まれますが、この2つはパンデミックとは完全に一致しません。

「今オリンピックを開催することは人命を犠牲にするでしょう。それはオプションの活動です。私はオリンピックが大好きで、一生懸命訓練されたアスリートが行くように本当に感じていますが、現時点でオリンピックを開催する理由はなく、正当化もまったくありません. 」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によりすでに1年延期されていた東京は、7月23日から8月8日まで開催される予定だ。

日本政府と国際オリンピック委員会(IOC)は、国内外でのコロナウイルス感染者の急増により、さらなる延期または中止を求める声に直面しています。

日本のいくつかの世論調査では、大多数の人々がパンデミックの最中にオリンピックを開催することに反対していることが示されています。

IOCは、グループでのテストや、選手と大会に参加している他の人々との接触を制限するなどの措置により、スムーズな運営が保証されると述べています。

しかし、IOCの感染制御のための「プレイブック」は、アスリートが直面するリスクのレベルや、体温チェックやフェイスカバーの制限を区別していない、と火曜日のNew England Journal of Medicineの解説によると.

「オリンピックに向けて前進するというIOCの決定は、最高の科学的証拠に基づいていない」と、ジョー・バイデン大統領の移行チームでCOVID-19アドバイザーを務めたマイケル・オスターホルムを含む著者は書いた.

「オリンピックの聖火が点火されてから2か月も経っていないので、オリンピックをキャンセルすることが最も安全な選択肢かもしれません」と彼らは書いた.

日本の大部分は現在緊急措置の下にあり、人口の5.2%しか予防接種を受けていません。

ベイカー氏は、オリンピックを前進させる唯一の方法は、国境が閉鎖され、検疫が課されているオーストラリアやニュージーランドなどの国で見られるウイルスに対するゼロトレランスのアプローチであると述べた.

「それは難しいだろうし、それを行うことはできるが、彼らはそうではない」と彼は言い、現在のアプローチを「ハイステークス、ハイステークスの賭け」と表現した.

「彼らがCOVID-19のないイベントを開催することは絶対にありません.10万人の最高の部分が世界中から旅行している場合ではないことは確かです」と彼は付け加えた.

READ  これまでの最高の暗黒物質地図は宇宙について疑問を投げかけている