Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

内閣総理大臣による日本経済特区発足

シェイク・ハシナ首相。 ファイル画像

“>

シェイク・ハシナ首相。 ファイル画像

シェイク・ハシナ首相は本日、ナラヤンガンジのアライサルでバングラデシュ経済特区(BSEZ)、別名日本経済特区を発足させました。

「バングラデシュは世界への投資に最適な場所です。優れた投資環境があります。私たちはここにあらゆる種類の施設を提供してきました」と首相はジュノ ババン経済圏の発足直後に語った。

最新ニュースについては、The Daily Star の Google ニュースをフォローしてください。

シェイク・ハシナは、政府が経済圏の女性起業家に土地を割り当てると付け加えた。

バングラデシュ経済特区庁 (Beza) は BSEZ と共同でアライハザールで最初のプログラムを開催し、駐バングラデシュの伊藤直家日本大使と住友商事の兵頭正幸社長兼 CEO が出席した。

ピサの CEO であるシェイク ユセフ ハロウン氏は就任演説で、日本からの 30 社を含む約 40 社がこの地域への投資に関心を示していると述べました。 彼は、経済圏全体が開かれると、15億ドルの投資が行われると付け加えました。

「1 人がそこに雇用される」と彼は言い、投資契約はシンガーとドイツのルドルフとすでに署名されていると付け加えた。

本日のイベントでは、日本企業 2 社も土地賃貸契約を締結しました。

READ  Print-n-Pack フェアは良い学習体験を提供すると来場者は言う