Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

円が主要な150レベルを超えた後、日本は介入の脅威を提起します

  • 財務大臣は、断固たる行動をとる準備ができていると述べた
  • 鈴木氏、過度な円のボラティリティは容認できないと警告
  • 日銀は、利回り上限を守るために予定外の国債購入を実施
  • 逆説的な動きは日本の政策ジレンマを浮き彫りにする

[東京 20日 ロイター] – 日本の政策立案者が木曜日にドルを重要な心理的水準である150ドルを超えて押し上げた後、東京が再び市場に参入した場合、投資家は弱い通貨を支持することに一層慎重になるだろう。

1990年以来初めて円がベンチマークを上回った後、トップの通貨外交官である神田正人氏は記者団に対し、「高いボラティリティがますます受け入れられなくなってきているため、当局は常に必要な措置を講じる準備ができている」と語った.

神田財務次官(国際問題担当)は、日本が現在介入しているか、それとも木曜日に通貨市場に介入したかについてはコメントしないと述べた。

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

厳重に監視されている水準を突破したことで、日本政府は容赦ない円安を抑えるために為替市場に復帰するよう圧力をかけられ、すでに膨れ上がった日本の輸入費に拍車がかかっている。

これにより、来週の政策会議に先立ち、日本銀行(BOJ)にスポットライトが当たることになる。

日本の鈴木俊一財務相は、最近の円の下落後、記者団に対し、極端で急激な円の動きに対して「断固たる行動を取る」と語った。

鈴木氏は「投機による過度かつ急速な為替市場の動きを容認することはできない」と述べた。 「通貨の動きを注意深く、そして切迫感を持って監視し続ける」と述べた。 鈴木氏は、特定の円水準についてはコメントしないと述べた。

ドルに対して 150 円を突破したことで、円は 1990 年 8 月以来の安値水準に達しました。 最後の取引は149.770でした。

ロイター・グラフィックス

ロングスライド

ドルは今年、円に対して約 30% 上昇しましたが、日本は 9 月に過去最高の 2 兆 8,000 億円 (197 億ドル) の外国為替介入を行って通貨をサポートしました。

シンガポール銀行の通貨ストラテジスト、モー・チョン・サム氏は、150ドルの閾値について、「介入を引き起こす可能性のある大きな心理的レベルだ。人々はしばらくの間、介入を期待していた」と述べた。

「人々はしばらく肩越しに見て、何か行動(介入)があるかどうかを確認します。そうでない場合、彼らはそれをさらに、より高く押し上げるでしょう。それが市場の進む道です。次のレジスタンス Iシーは153レベルです。」

一方、日銀は、木曜日に緊急国債の購入を申し出て、0% の国債利回りを回避するための取り組みを強化しました。 苦戦を強いられている黒田東彦総裁は、円安を食い止めるために超低金利を引き上げる可能性を繰り返し否定している。

日銀の動きは、日本の脆弱な回復を狂わせかねない利上げに頼ることなく円安を食い止めようとする東京が直面するジレンマを浮き彫りにしている。

財務省による先月のドル売り円買い介入は、当局が市場で円を固定したのは1998年以来初めてのことでした。

日本の政策立案者は、円の動きのペースを注視して一定の水準を目標にし、介入するかどうかを決定していることを示唆しています。

介入に対する市場の懸念が円の下落を遅らせているが、アナリストは、日銀が米国連邦準備制度を含む中央銀行の世界的な波に対してハト派的なリリースになるまで、円は下落し続けると予想している.

スチュアート氏は「FRBが引き続き引き締めモードにあり、金利がさらに引き上げられることは確実である中、日銀は極めて緩やかな金融政策を追求し続けており、これとは対照的に、ドルは常に円に対して上昇し続けるだろう」と述べた。コール。 、ロンドンのエクイティ キャピタルのチーフ マクロエコノミスト。

「対処すべき供給側の問題があると思いますが、日本が真剣に対処しようとしている兆候はほとんどありません。したがって、超緩和的な金融スタンスは無期限に続くと思われます。」

日銀は、10年物国債の利回りを0%に制限するために積極的に資金を投入する、いわゆるイールドカーブ収縮(YCC)政策により、長期金利を持続的に低く維持するという新たな課題に直面しています。

世界的な利回りの上昇により、10年物日本国債(JGB)の利回りが2日連続で0.25%の範囲を超えて押し上げられたため、中央銀行は木曜日に緊急の債券購入措置を開始しました。

円安は、輸出の競争力を高めることで歓迎されたが、すでに高価な輸入燃料や原材料の価格が上昇し、企業や家計への圧力が強まっているため、政策立案者にとって頭の痛い問題になっている。

(1ドル=149.8700円)

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

Laika Kihara と Daniel Leusing による報告。 ケビン・バックランド、村上さくら、小宮勘太郎、東京の梶本哲史、バンガロールのバンサリ・マユール・カムダルによる追加報告。 Sang-Ron Kim、Sam Holmes、Kim Coghill による編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本の与党自民党は選挙前の最大27%の支持を受ける:投票