Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

円が38年ぶりの安値に達する中、日本が新たな外為外交官を任命

円が38年ぶりの安値に達する中、日本が新たな外為外交官を任命

円が対ドルで38年ぶりの安値に下落したことを受け、金曜日、日本は為替担当の新たな外交官を任命し、ボロボロの通貨を支援するために日本政府が差し迫った市場介入を行うのではないかとの期待が高まった。

ベテランの金融規制専門家である三村淳氏が、今年史上最大規模の円買い介入を開始し、日本の通貨を過度に押し下げることに反対する投機筋を積極的に攻撃した神田正人氏の後任として就任する。

この異動は毎年行われる定期的な人事異動の一環ではあるが、市場が円安の再発を阻止するという日本の決意を試されている時期に行われたもので、円安はコストを押し上げて家計や企業の苦しみを増大させている。輸入品の。

第一生命経済研究所の首席エコノミスト、熊野英生氏は「当局はいつでも介入する用意があるという発言を考えると、神田氏は攻撃的な人物のように見えた」と述べ、同氏の辞任は日本のコミュニケーションのあり方に影響を与える可能性があると付け加えた。 。 その通貨政策。

「しかし、彼の後継者がどのように政治を運営するかを見るまでは、確かなことを言うのは難しい。全体として、政治の大きな方向性は大きく変わらないと思う。」

金曜日、円相場が1ドル=161円を下回り、4月末から5月初旬の前回介入につながった水準を大幅に下回る水準となったことを受け、日本の当局者らは改めて警告を発した。

日本の鈴木俊一財務相は金曜日の記者会見で「為替市場の過度の変動は望ましくない」と述べ、当局はそのような動きには「適切に対応する」と付け加えた。

同氏はまた、円の「急速かつ偏った」動きが経済に与える影響について当局が「深く懸念している」とも述べた。

トレーダーらは日米の金利差に注目しているため、日本の当局は円価値の急激な下落を阻止するよう新たな圧力に直面している。

円安は日本の輸出業者にとってはありがたいことだが、輸入コストが上昇し、インフレ圧力が高まり、家計に圧力がかかるため、政治的意思決定者にとっては頭痛の種となっている。

3年間外国為替外交官を務めた苅田氏の下で、日本通貨が34年ぶりの安値に達した後の4月末から5月初旬にかけて、日本政府は外国為替市場への介入に9兆8000億円(608億5,000万米ドル)を費やした。 .. 1ドルあたり160,245ドル。 4月29日。

市場のボラティリティーを高める可能性のある重要な米インフレ統計が同日発表されるのを前に、円は金曜日、1ドル=161.27円と1986年以来の安値に達した。

市場参加者は、当局が設定した次のラインは164.50付近にあるとみている。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフ為替ストラテジスト、上野大作氏は「当局が円相場の基準値突破を阻止したいのであれば、円相場がその水準に達する前に介入する可能性が高い」と述べた。

新しい外交官

三村氏の任命は、7月25日にリオデジャネイロで開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議後の7月31日に発効する。

しかし、通貨政策に関する彼の立場については誰も詳しく知りません。 57歳の同氏は現在、同省の国際室長を務めており、今後は日本の通貨政策を監督し、他国との経済政策を調整するポストである国際担当副財務大臣に就任する予定だ。

三村氏は、35年間の政府職員としてのキャリアのうち3分の1近くを日本の銀行規制当局で過ごしており、金融規制分野での経験と国際的なコネクションを持っている。

三村氏は、バーゼルの国際決済銀行に3年間勤務し、2008年から2009年の世界金融危機のさなか、金融規制と監督を改革する金融安定理事会の設立に貢献した。

財務省では昨年、国有銀行の範囲を拡大し、日本のサプライチェーンの鍵となる外国企業に同銀行からの融資対象を認める国際協力銀行法の改正に取り組んだ。

三村氏は、規制強化が日本への外国投資を阻害することを目的としているという考えを払拭するために、2020年に外国人所有権規則に加えられた改正について外国投資家に説明する政府チームの一員でもあった。

READ  深圳の株価は2%下落、日銀は金利を据え置いた