Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

円の「心理戦」、日本のトレーダーへの呼びかけで激化

当局者が通貨の下落の可能性を警告し、トレーダーに市場の状況を把握するよう呼びかけた後、水曜日の日本円の新たな下落は止まった。

ここ数カ月、円は上昇するドルに対して数十年ぶりの安値を切り抜けたが、驚くべきことに火曜日の米国の強いインフレデータにより、昨夜の日本の通貨の新たな 2% の下落が引き起こされ、為替レートが上昇した。 144.95円現在。

これに対応して、日銀の当局者は為替トレーダーに市況について問い合わせるよう呼びかけ、いわゆる「レートチェック」で高レベルの警報を発し、レートを143円に引き下げた。 過去には、為替レートをコントロールするために市場に直接介入するという財務省の指示の前に、そのようなチェックが行われました。

日本の最高通貨当局者で元財務大臣の鈴木俊一氏は、円の明らかな投機的な動きについて「非常に懸念している」と述べ、日本のメディアが報じた。

財務省による直接の行動がなければ、トレーダーは、円の最近の安値のより深刻なテストがまだ可能であると警告した.

「心理戦 [between Japanese authorities and market participants] これはしばらく続くと予想される」とUBSのチーフエコノミスト、足立正道氏は述べた。 米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを撤回するまで、「日本は時間を稼いでいるとの見方がある」と付け加えた。

日銀はコメントを控えたが、財務省はコメントの要請にすぐには応じなかった。

連邦準備制度理事会(FRB)が今年、インフレを抑制するために積極的に利上げを行った米国とは対照的に、日銀は超緩和的な金融スタンスに固執しています。 このギャップにより、円は他の主要通貨の範囲に対して押しつぶされました。

いくらかの通貨安は、日本の輸出業者を助けるので、日本にとって有益です。 しかし、それは商品の輸入コストも上昇させ、減少のペースは企業や投資家を不安にさせています。 円は今年、ドルに対して 5 分の 1 下落した。

日本が最後に介入したのは 2011 年で、他の主要経済国とともに、東日本大震災と津波の後に円が上昇したときでした。 しかし、アジア通貨危機と日本の銀行システムの崩壊を受けて、当局が通貨を強化するために介入してから20年以上が経ちました。

中央銀行、イングランド銀行、スイス国立銀行はいずれも来週、利上げを行うと予想されています。 投資家は、FRB の利上げが 1 パーセント ポイントになると予想しています。 これは円に圧力をかけ続ける。

ある市場参加者は、「財務省は来週について非常に懸念しているので、本当の介入が行われるのはその時だ」と語った。 「今のところ、今日の支払い確認は一種の口頭介入だ」と彼は付け加えた。

日銀による公式のドル売りでさえ、円が方向転換を余儀なくされるかどうかは定かではありません。 介入は、一方的な動きよりも、世界中のさまざまな通貨当局による共同の取り組みである場合に、より成功します。 今のところ、中央銀行と ECB が歴史的なインフレ率の上昇に対処している間、利上げ計画を撤回する可能性はほとんどありません。

CLSAジャパンのストラテジストであるニコラス・スミスは、直接的で一方的な介入はほとんど役に立たないと考えている数人の著名なアナリストの1人です。

「日本の当局は、その規範が脱脂綿でいっぱいであることを世界に知らせるほど愚かではないと思っていましたが、それは政治です」とスミスは言いました.

READ  日本の「ドライブ・マイ・カー」はアカデミー賞で最高の映画になるのでしょうか?