Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

円は対ドルで24年ぶりの安値を更新 | ビジネスと経済のニュース

投資家が米国の金利上昇に備える中、円はドルに対して 24 年ぶりの安値まで下落した。

米国と日本の国債利回りの差が拡大したことでドルが他の通貨に対しても上昇したため、木曜日の午後のヨーロッパの取引では、1998 年以来初めて 1 ドルが 140 円を超えました。

これにより、日本では輸入品の価格が高くなりますが、円安は、トヨタや任天堂などの大手企業を含む、海外で製品を販売する日本企業の利益を増加させる可能性もあります.

円は対ドルで 3 月の 115 円前後から下落し、アナリストは政府介入の可能性を指摘しました。

ベテラン投資家のジェレミー・グランサム氏は、何年にもわたる低金利によって膨らんだ株式市場の「巨大なバブル」が「壮大な結末」を迎えると警告した。

グランサム氏は、ロイター通信に対し、「全世界が現在、インフレや金利、エネルギー不足などの戦争問題が経済成長に与える影響に注目している」と語った。

中国のCOVID-19、食糧危機、エネルギー危機、人口動態、気候変動に加えて、「見通しは予想よりもはるかに暗い」と付け加えた.

ウクライナ戦争の影響

特に円の急激な下落は、主に、日銀や米国連邦準備制度理事会を含む他の中央銀行のさまざまなアプローチによって引き起こされました。これは、ロシアとのウクライナ戦争によって引き起こされたインフレの上昇に対処するために金利を引き上げたものです。

クレディ・アグリコルCIB(香港)のシニアFXアナリスト、デビッド・フォレスター氏は、1ドル=140円のブレイクアウトは「重要なテクニカルレベル」だと述べた。

「以前、日銀が円買いに踏み切った時期を見ると、通常はこのくらいの水準だった」と同氏はAFPに語った。

木曜日の早い段階で、日本の松野博和官房長官は、「急速な変化は望ましくない」と述べ、外国為替市場の安定の重要性についてのコメントを繰り返した。

ただ、大蔵省が日本銀行に指示するなどの特別措置については言及しなかった。 [BoJ] その価値を高めるために他の通貨に対して円を買うために、それは株にありました。

ボラティリティーが高まる中、「政府は外国為替市場の方向性を注意深く、非常に切迫感を持って監視する予定だ」と松野氏は記者団に語った。

政府介入?

先週、米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は積極的な利上げへのコミットメントを発表し、米中央銀行が景気減速を回避するためにスタンスを軟化させるのではないかという期待を払拭しました。

しかし、日銀の政策立案者は、世界第3位の経済に成長をもたらし、進行中の約2%の物価上昇をもたらすことを目的として、10年前に導入された金融緩和策を放棄することを拒否した.

Forrester はまた、「年間を通じたエネルギー価格の上昇は、日本の貿易収支と経常収支の大きな足かせとなっているが、最近は少し緩和している」と述べた。

日本のインフレ率は 7 年ぶりの高水準にあり、生鮮食品を除く商品価格は 7 月に前年比で 2.4% 上昇しました。

フォレスター氏は「日本のインフレは加速しているだけでなく、食品やエネルギー価格のインフレを超えて拡大している」と述べ、「日銀はスタンスを少し変える必要があるかもしれない」と示唆し始めた.

「彼らがこの面で頑固なら、財務省は円安のために輸入インフレを引き下げるために介入しなければならないかもしれない」と彼は付け加えた.

READ  西南日本付近でケミカルタンカーと貨物船が墜落 | ビジネスニュース