Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

円安が輸入コストを押し上げたため、日本の卸売価格は8月に9%上昇しました

日本の卸売物価は8月に9.0%上昇した、と日銀のデータが火曜日に示した.これは、米ドルおよび他の主要通貨に対する円の下落が輸入コストを押し上げたためである.

中央銀行によると、これにより企業物価指数は 2020 年のベースラインである 100 に対して 115.1 に押し上げられ、18 回目の月次上昇となった。

2020 年 3 月のファイル写真は、東京の日本銀行本店を示しています。 (京都)

賃金が停滞し、消費者が生活費の上昇を抑えるのに苦労しているため、企業の最近の値上げが長く続くのではないかという懸念が高まっています。

輸入物価は円ベースで42.5%上昇し、5カ月連続で上昇率が40%を超えた。

日銀がタカ派の連邦準備制度理事会に対して積極的な金融政策を維持したため、先週、日本の通貨はドルに対して24年ぶりの安値を記録しました。

電気、都市ガス、水道の価格は 33.4% 上昇し、石油と石炭製品の価格は 15.6% 上昇しました。 鉄鋼価格は 26.1% 上昇し、木材と木材は 20.2% 上昇しました。

日本のコア消費者物価は、4 月以降、日銀の目標である 2% を上回りました。

円安の恩恵を受けた輸出志向の企業は賃上げの圧力にさらされているが、調達コストの上昇による悪影響が売上高を制限する可能性がある。

READ  日本の首相は、「良い」成長を達成するためのインセンティブパッケージを作成していると述べています