Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

円安に伴い、外国人バイヤーが中古車を買いに集まる

円安に伴い、外国人バイヤーが中古車を買いに集まる

日本最大の競売人であるUSSオートオークションは、歴史的な低円が日本の中古車市場に多くの外国人バイヤーを引き付けており、在庫不足の結果としてすでに高騰している価格を押し上げていると述べた。

USSのダイ・シタ社長はインタビューで、部品の不足により世界中の自動車メーカーが減産を余儀なくされており、自動車購入者はいつ新車を入手できるかわからないと述べた。 これは中古車への関心を高めると彼は言った。

さらに、最近円安が24年ぶりに下落していることから、海外のバイヤーからは、「大幅な」円安を求める声が高まっているとのこと。 USSは日本のディーラー間の中古車オークション取引の約40%を処理します。

人気モデルの新発売により待ち時間が長くなり、全国19か所のオークションサイトで平均中古車取引価格が上昇している。

USSが運営するオークションの平均入札価格は、2022年5月まで12ヶ月連続で前年比で上昇しました。2月には、その数は100万円(7340ドル)を超える過去最高に達しました。

SITAによると、約5万円の低価格車の競争も激化しています。 業界の現在のスペアパーツ不足を考えると、自動車は「資源の集まり」と見なされていると彼は言いました。 全体的に「中古車に関するお問い合わせは今後も続く」とのこと。

中古車の高価格のパズルのもう一つのピースは、ロシアと関係があります-日本の中古車の一番の目的地です。 ロシアでは制裁措置により新車の輸出入が停止されたが、日本の法律では600万円未満の車の輸出が認められている。 「ロシアの中古車需要はさらに高まる可能性がある」とシタ氏は語った。

シタ氏はまた、米国などの市場のバイヤーから、ヴィンテージの日本車への関心が高まっていると語った。

これらすべてが、愛知県に本拠を置くUSSの急落の増加につながりました。 同社は3月期の営業利益が過去最高を記録した。 同社は今年の利益が3.7%増の431億円になると見込んでいる。

USSのシェアも過去1年間で上昇しています。 最近の減少にもかかわらず、USSの時価総額は約7,320億円で、自動車メーカーのマツダや三菱自動車の評価と同等です。

更新日:2022年6月25日午前4時30分

READ  日本の投資約束総額は現在7,716億ペソ