Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

円安の影響で日本の貿易赤字は4月に8%近く拡大した

円安の影響で日本の貿易赤字は4月に8%近く拡大した

水曜日の政府統計によると、円安が輸入額を押し上げ、輸出増加による利益を相殺したため、4月の日本の貿易赤字は前年同月比約8%拡大した。

財務省によると、輸出総額は8兆9800億円(570億ドル)、輸入総額は9兆4000億円で、前年比8.3%増加した。 同月の貿易赤字は前年同月比7.6%増の4625億円だった。

他のアジア、米国、中東への出荷は大幅に増加したが、欧州への輸出は横ばいだった。 米国からの輸入は前年比30%近く増加し、中東からの輸入、特に石油とガスは15%増加した。

自動車の輸出は24%増加し、電気機械の輸出は16%増加した。 自動車部品やコンピューターチップの需要が増加したため、機械部品の輸入が増加した。 世界中のサプライチェーンに影響を与えたパンデミックによる混乱の後、日本の自動車生産は回復しつつある。

対円でドルが上昇し続けたことで輸入も大幅に増加した。 ドル相場は直近では1年前の139円から156円程度まで上昇し、一時は160円に達した。

円安は、トヨタ自動車などの大手企業が円に換算した海外利益の価値を高めるものの、日本が海外から買うものはより高価になる。

4月の石油と天然ガスの輸入は前年比23%以上増加し、食料と製造原材料の輸入も増加した。

円安の要因の一つは日本の低金利であり、基準金利はかろうじてゼロを上回っているが、これは低迷する経済を維持し、融資を促進するために日本銀行がとった政策である。

米国はインフレを抑制するために金利を引き上げた。 ドルでの投資収益率の上昇により、米国通貨の価値が他の通貨に対して上昇しました。

READ  Enoc は日本の IHI と提携して、UAE に低炭素水素プラントを設置します。