Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

円安は日本の話を助けるが、政策は変わる可能性がある、と首相に警告する

円安は日本での企業収益を押し上げ、外国投資を呼び込むだろうが、日本の優秀な株式専門家によると、通貨のボラティリティには疑問がある。

ラザード・ジャパニーズ・ストラテジック・エクイティ・ファンドのキム・ジュンヨン氏とエリック・スターザ銀行のシティワイヤーAAA格付けの宇田豊氏は、日本銀行(日銀)が長期的な緩い金融政策を覆す可能性は低いと述べた。 インフレ水準が上昇しているにもかかわらず、金利とイールドカーブのコントロール。

この戦略により、今年は円安が大幅に進んだ一方で、他の先進国では金利が大幅に引き上げられました。

基金でシティワイヤーAAAの評価を受けたティモシー・グリフェンとスコット・アンダーソンと協力しているキム氏は、黒田東彦日銀総裁は2013年に任命されて以来、安倍晋三前首相が導入した政策に固執すると述べた。

「一般的なコンセンサスは、黒田はこれに屈服しないということです。 これが彼の方針であり、彼の最終任期は来年終了する」とキム氏は述べた。 シティワイヤーセレクター

「岸田文雄首相の下にいるにもかかわらず、安倍首相は、次の選挙で過半数を維持する自民党で依然として多くの権力を握っている。 彼は非常に緩い金融政策を維持することに賛成していると言われています。

追い風をエクスポートする

キム氏は、円安は日本企業の利益を大幅に押し上げるだろうが、30年間の低インフレまたはマイナスインフレによって生み出された国の「現金化マインドセット」は、高い輸入コストによって悪化するインフレ圧力に対抗するのに役立つだろうと述べた。

「日本は製造拠点が非常に重い純輸出国であるため、円安は貿易相手国と比較して競争力を高めます。 そこには素晴らしい追い風が見られるでしょう」と彼は言った。

「円の動きが総収入を約0.5%上げると言う数字を見ました。 円は112ドルでしたが、現在は133円です。 その20回のコンバージョンにより、10%の追加収益が得られます。」

ブルーペイのマーク・ダウディングなどの一部のマネジャーは、日銀がインフレ上昇の抑制を目指して前進すれば、円はすぐに逆転する可能性があると推測している。 キム氏はリスクだと述べたが、日本企業は今や外国人投資家に「良い価値」を提供している。

デフレムード

EI Sturdza日本成長基金を運営する宇田氏は、日本がインフレについてパニックにならないという理由で、日銀のピボットはしばらくの間ありそうもないというキムの見解を共有した。

2%のインフレが見られたとしても、それが変わらないと信じている人はほとんどいません。 黒田氏の2%インフレは一時的なものであり、再び下がると彼は言った シティワイヤーセレクター

「したがって、人々が考えを変える前に、2年連続で少なくとも2%のインフレが必要です。」

宇田氏は、日本のインフレ率は今後数年間で約2%に上昇すると述べた。これは、過去の水準と比較して実際に国の経済に利益をもたらす率である。

「この穏やかなインフレは日本にとって良いことです。 日本は過去20年間このインフレを待っていたが、それは決して起こらなかった」と述べた。

READ  NE、ASEANとの協力を促進するための地域リンク、日本:ジャイシャンカール| 最新ニュースインド