Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

写真家の人生を変える日本の旅

写真家の人生を変える日本の旅

主なイメージこんにちは日本セルゲイ・パブロフによる写真

セルゲイ・パブロフ2022 年は、マルワのラハティ美術館での最初の展覧会からシリーズの発表まで、プロとしての大きな成長に満ちていました。 海の歌 ヴィラ ノアイユで開催された第 37 回イエール フェスティバルにて。 それでも、ほとんどの時間を暗室で管理作業と計画に費やしていたロシア系フィンランド人の写真家は、ある種の行き詰まりに満足して年末を迎えました。 「私はとても疲れていました。芸術性、アイデンティティ、そして自分自身をブランドにするものが鎖のように感じ始めていることに気づき、その呪文を打ち破りたいと思いました. 外に出たいという衝動に駆られました」と彼はアナタールに話します。 「それで私がしたことは、日本行きのチケットを予約することでした。」

思い出させる ソフィア・コッポラs ロストイントランスレーションこんにちは日本 パブロの 2 か月にわたる国中の旅について説明します。 パブロフのアナログアプローチの微妙な単色特性の中で、 日本の雪景色の荒涼としたシーンが、さまざまな顔、裸体、肌の温かみのあるポートレートの間に配置されています。. プロジェクトが展開するにつれ、 パブロフは、孤独、所属、愛をテーマに、欲望と親密さの二分法を分析しながら、自身のアイデンティティとセクシュアリティについて話し合います。

ここで、パブロフは最近の日本への旅行について、彼自身の言葉でさらに語っています。

「税関で『滞在先はどこですか?』と聞かれます。 しかし、私は席を予約しませんでした。 予定がなかったので、宿泊施設を探しましたが、すべて予約されていました。 その時点で私は 50 時間も起きていましたが、突然何もかもが多すぎたので、京都に行くことにしました。 そこでは、私はとても嫌な気分になりました – 私は2週間完全に一人でした. 3日間滞在した真言宗の高野山に到着。

「私の最後の日、私はこの明晰夢に陥り、自分にできる願いがあることに気づいたので、この古いチベット人の先生に来て、この旅行で何をすべきか教えてくれるように頼みました. すごいだろうと思っていたのですが、帰りの飛行機を見ながら一人で憂鬱な2週間を過ごしました。 [The monk] 彼は私に、「すべてがそこにある。何も探す必要はない」と言いました。 翌日はホッとして目が覚め、東京へと向かった。 これ以上達成することは何もないので、多くの機会が訪れたと感じました。 達成するものが何もないとき、あなたはすべての中にすべてを見始めます。

「この不快感に慣れるのに 3 週間かかりましたが、驚くべき誠実さと自信がありました。. 道に迷ったり、自信がなかったり、ぎこちなく、居心地が悪いと感じることは重要です。 場所とカメラに数か月触れていないときは、毎年そのように働き始めたいと思っています。 とても健康的で、本当に元気になります。

「日本で恋に落ちた二人。 この二人とのやり取りを通して、彼らの顔が変わり始めました。 私はその両方を写真に撮り、旅行中に論文を書きました。 アートの本質は、私たちがイメージの表面で見たり認識したりするだけでなく、イメージを見て私たちがどのように感じるかにあるのかもしれません。

私たちが愛を見るとき、私たちは欲望や親密さ、または混合されたものを見ますが、分離していません.. 欲望と親密さの2人に同時に会うことは、誰かが私に鏡をくれたようで、突然、2人の違いがわかりました. 私の旅は非常に変革的でしたが、この欲望と親密さの実現が最大の変化でした.

「写真はすべて記号です。 階段があり、反射があり、一緒にいる人、一人の人、美しい体と顔、つながり、肌の感触があります。 決まり文句ですが、私が世界とどのように関わっているかを理解しようとしています – 私の場所は何ですか? 絵を見て安心してもらいたい。 他のものを代表しないことが私にとって非常に重要です 時代を超えた、正直な親密さ。

「仏教のマントラは「オム マニ パドメ フム」ではなく、手放し、手放し、手放す、という僧侶がいます。 私の旅の多くは、他人だけでなく自分自身にも親切にすることを手放すことでした.

READ  インドが日本に敗れ準々決勝で敗退 – Firstpost