Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

写真:日本は制限の後、再び訪問者に開放されています

3年近くの厳しい流行制限の後、日本は 10 月 11 日に、独立した外国人旅行者に国境を再開しました。. ただし、旅行者は少なくとも 3 回の予防接種を受けたことを証明するか、出発から 72 時間以内に陰性のコロナウイルス検査結果を提出して入国する必要があります。

日本への旅行について知っておくべきこと

パンデミックの前に、 東京 近代文化と古代文化が密集した安全で清潔な旅行先としての評判 年間数千万人の観光客を魅了しています。 2020年初頭にパンデミックが拡大するにつれて国境が閉鎖されることは、日本の観光に依存する多くの産業にとって困難な時期を迎えることを示しています。 しかし、増え続ける観光客の数に追いつくのに神経質になっている住民や企業からは、明確なため息がありました。 一部の人にとって、国境閉鎖期間は、観光が再開されたときに新しい戦略を評価して実施するための歓迎すべき休憩でした.

観光の扉が開かれた今、東京のホスピタリティ労働者やビジネス オーナーは、かつて世界最高の目的地の 1 つであった東京を再発見しようとする外国人旅行者の新たな波に備えています。

インタビューは、明確にするために翻訳および編集されています。

NOHGA秋葉原ホテル 運営統括部 青井健

「このホテルは 2020 年 9 月にオープンしましたが、完全に稼働したことはありません。地元のパンデミックの制限が緩和され始めたとき、地元のゲストがゆっくりと戻ってくるのを見始めましたが、秋葉原はホテルを予約する地域として地元の旅行者の間では一般的に知られていません。一方、外国人旅行者、特にゲームやアニメに興味のある旅行者はここに滞在する必要があり、国境が開いて以来、予約された部屋の数はさらに 20% 増加しました。」

月島「もへじ」のレストラン店員、榊貴之さん

「月島は浅草や渋谷のような人気の場所ではありませんが、東京の名物であるもんが焼きに興味を持っている観光客が一定数います。パンデミックの制限の間、私たちは地元の日本人に調理用のキットを販売していました。」 [monja] 国内では、地元の旅行が戻ってくるとすぐに、関西地方から多くの人が食べ物を味わうようになりました. 国境が再開されても、この地域にはまだ多くの観光客が訪れていません。 浅草と東京駅のサブレストランは、スポンサーシップの大幅な増加を示しています。」

浜松ますみ かっぱ橋通りのつばや刃物店

“[Our family shop] パンデミックの前に非常に人気があり、2020 年のオリンピックで大きな急増が予想されていましたが、もちろん、観光の爆発的な増加は起こりませんでした。 ビジネスを継続するためにオンライン販売に注力してきましたが、もちろん人々は私たちの手作りの包丁を実際に手で感じ、手に取りたいと考えているため、観光が再開されてから訪問者が急増しています。」

浅草の元力車職人、福田博樹さん

「パンデミックの間、国境は閉鎖されていますが、人々が再び訪れることができるようになったときに人々の心に留めておくために、私たちはTikTokのようなオンラインプラットフォームを使い始めました。観光客の数はまだパンデミック前のレベルには達していませんが、私たちは以前よりも多くのお金を稼いでいますロックダウンの前に国境、つまり、人々は特に私たちのサービスを体験するために浅草に来ます。」

バーテンダーの伊藤裕一郎さん、新宿ゴールデンゲイのアラクバー。

「Covid以前は、当社の顧客ベースは90%が観光客だったので、国境が閉鎖されたとき、私たちは本当に困っていました.幸いなことに、私たちは中小企業向けの政府の刺激策を得ることができ、国境が再開されるまで続けられました.予期せぬ事態が発生しました.パンデミックの結果、ゴールデン街のより多くのパブが、彼らのビジネスが彼らの若返りに役立つことを望んでおり、かつてないほど外国人観光客を歓迎しています.

READ  ガンダムポップアップドバイプライベートストア。 ガンプラ/ STRICT-G @本紀伊國屋書店ドバイストア