Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

冬季オリンピック/日本チームが「厳格なバブル」を守ることを誓って北京に到着

北京-83人のアスリートと役員からなる日本のオリンピック代表団の主要メンバーが1月に到着しました。 30ここ北京首都国際空港で、冬季オリンピックをウイルスに感染させないように設計された「バブル」に入りました。

代表団長の伊藤英仁氏は、中国のオリンピック反COVID-19対策に言及し、「厳格なバブル体制を堅持し、選手たちを支援したい」と述べた。

2週間のスポーツの祭典は、2月の開会式から始まります。 4.4。

1月に到着した後。 30日、スピードスケート選手の髙木美穂と日本チームのキャプテンである小平奈緒、そして女性の500メートルレースでスピードスケート選手と金メダリストを擁護する選手、そして役員と他の参加者が北京の選手村に入った。

新規のコロナウイルス感染のリスクがあるため、歓迎式典はありませんでした。 彼らは100メートル以上離れた記者に手を振って宿泊施設に入った。

同日、ペアスケーターの三浦璃子と木原龍一が北京の首都体育館で練習した。これは、北京に到着してから、このオリンピックで自国を代表する日本人アスリートのための最初のトレーニングセッションである。

彼らは、ショートプログラムで使用する「ハレルヤ」の曲に合わせてジャンプやその他の動きを練習しました。

カーリングミックスダブルスの試合は2月にゲームを開始します。 2、開会式に先立って。 アスリートは2月までに7つのスポーツで合計109個のメダルイベントに出場します。 20、閉会式が開催されるとき。

(この記事は細川拓と岩佐優の報告をまとめたものです)

READ  松山英樹が日本の新しい全国チャンピオンになる方法