Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北京が日本、英国、「反中」G7サミットを主催

北京が日本、英国、「反中」G7サミットを主催

[北京、5月22日 ロイター] – 政府が支援する中国の代弁者、環球時報は月曜日、広島で週末に開催されたG7サミットでの発言をめぐり中国政府が日本大使を召喚し英国を非難したことを受けて、G7を「反中ワークショップ」と呼んだ。 。

土曜日に発表された共同声明は、台湾や海洋の領有権から経済的強制や人権に至るまで幅広い問題で中国を名指しし、中国と米国を含む富裕国グループとの間の緊張を浮き彫りにした。

環球時報は月曜日の社説で、「米国は西側諸国に反中国の網を張ることに懸命に取り組んでいる」とし、「G7は反中ワークショップに陥った」と述べた。

「これは中国の内政に対する残忍な干渉と中国への名誉毀損であるだけでなく、陣営間の紛争のあからさまな扇動でもある。」

中国外務省は日曜日遅く、G7声明に強く反対し、サミットへの抗議の一環として駐中国日本大使を召喚したと発表した。

中国の最も緊密な同盟国であるロシアは、G7報告書でウクライナへの侵略行為を非難され、サミットは反ロシアと反中国感情の「培養器」となったと述べた。

これとは別に、在英中国大使館は日曜日、ロンドンに対し、中国に対する中傷をやめるよう要請したが、これは中国の安全と繁栄に対する世界最大の挑戦であると英国のリシ・スナック首相は述べた。

中国政府の鋭い反応にもかかわらず、ジョー・バイデン米国大統領は、中国との冷え切った関係は「すぐに」解けると予想していると語った。 グループ7(G7)にはカナダ、フランス、ドイツ、イタリアが含まれる。

日本は後進的だ

中国の孫偉東外務次官は「中国関連問題の誇張」に対する抗議を登録するために日本大使を召喚したと外務省の声明が日曜日遅くに発表された。

孫氏は、日本はG7サミットで他国と協力したと述べた。 中国と日本」とは、1972年の日中共同声明を指す。

同氏は、日本の行動は中国の主権、安全保障、発展の利益を損なうものであり、中国は深い不満を抱いており断固として反対していると述べた。

孫氏は「日本は中国に対する認識を調整し、戦略的自主性を理解し、中日間の4つの政治文書の原則を遵守し、建設的なアプローチで両国関係の安定した発展を真に促進すべきだ」と述べた。

樽見英夫駐中国大使は、G7がこれまでと同様に共通の懸念事項に取り組むのは「自然」であり、中国が行動を変えない限り今後もそうし続けるだろうと否定した。 、読書によれば。

報道によると、樽見氏はサン紙に対し、「中国がそれらの懸念に言及しないよう要求するのであれば、中国はまずそれらの懸念事項に対処するために積極的な措置を講じるべきだ」と語った。

日本の松野博一官房長官は月曜午前の会見で、日本の対中政策は一貫しており、懸念に対処し共通の問題で協力する措置を講じる一方、必要な問題では積極的で責任ある行動を主張すると述べた。

リズ・リーによるレポート。 編集:トム・ホーグ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  monday.com は、東京のローカル チームとチャネル パートナーの成長により、アジア太平洋と日本でのプレゼンスを拡大します。