Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北京特使の呉江豪氏は、中国は懸念を払拭するために日本企業を歓迎していると述べた

北京特使の呉江豪氏は、中国は懸念を払拭するために日本企業を歓迎していると述べた

呉氏は、来たる米大統領選挙が世界経済に与える影響に関する質問に答え、世界は一国の「内政」によって形作られるべきではなく、中国と日本は安定を維持するために協力すべきだと述べた。二国間関係のこと。

呉氏のコメントの中国語版は金曜日、中国大使館のウェブサイトに掲載された。

02:51

日本の人口は2023年に急速に減少し、サンフランシスコ市に匹敵する人口を失うだろう

日本の人口は2023年に急速に減少し、サンフランシスコ市に匹敵する人口を失うだろう

もう一つの憂慮すべき兆候として、昨年の中国と日本の貿易は前年比で10.7%減少し、二国間投資の伸びも鈍化しており、この状況を速やかに逆転させるためには「緊急の注意」が必要だと中国特使は述べた。

1年前に就任した呉氏は、中国の技術力が高まるにつれ、日本企業が世界市場で中国企業との新たな競争に「恐れ、慎重になっている」ことを認めた。

しかし、日本は中国と協力してデジタル経済とグリーン経済を促進し、労働力の減少や高齢化といった共通の課題に対処することができる。

中国の若者がオンライン人材紹介の仕事に騙されて巨額の手数料を支払わされる

呉氏はまた、中国の外国ビジネス界を冷やし、外国投資へのさらなる開放を目指す中国政府の公約に疑問を生じさせている中国の新たなスパイ法に対する懸念を和らげようとも努めた。

10月、東京はアステラス製薬のベテラン日本人幹部で中国の日本経済界の著名なメンバーである西山宏氏がスパイ容疑で逮捕されたことを確認した。

呉氏は西山氏に直接言及しなかったが、近年「長年にわたり中日間の交流と協力に尽力し、両国社会に一定の影響力を持った人物」が関与した事件があったと述べた。

「我々はこれらの人々を中国で違法行為に参加させることを望んでいない。彼らはいわゆる情報を入手することよりも自分の分野ではるかに役割を果たすことができるからである」とウー氏は述べ、中国は「正常で友好的な経済」を歓迎していると付け加えた。」 アクティビティ」。

2月29日、上海の主要ショッピング・観光地区である南京路を歩く人々。 写真:EPA-EFE
呉氏はまた、昨年の経済成長鈍化にもかかわらず、世界第2位の経済大国への関心を再燃させようとし、すでに窮地に立たされている海外投資家の懸念をさらに悪化させた。 中国と米国の熾烈な戦略的対立

同氏は、「一部の外国企業」が中国から撤退しているが、これは「正常な現象」だと述べた。

「外国企業が市場法に従って中国での事業計画を調整することも完全に理解できる」と同氏は付け加えた。

「外国企業が中国のビジネス環境について意見があるのであれば、我々は注意深く耳を傾け、彼らの正当な懸念に効果的に対処する用意がある。」

READ  日本の船主がバングラデシュの船舶解体業者とリサイクル業者に会う